ロマック(元DeNA)とハ・ジェフン(元ヤクルト)、韓国オールスターでファン投票初選出

ジェイミー・ロマックとハ・ジェフン(写真:SKワイバーンズ)

韓国野球委員会(KBO)は8日、今月20日にチャンウォンNCパークで行われる、「2019新韓銀行MY CAR KBOオールスター戦」のファン投票結果を発表した。

NPBでのプレー経験がある選手では、2016年に外野手としてヤクルトに在籍したハ・ジェフン(日本での登録名はジェフン)が投手の抑え部門で選出。そして韓国3年目のジェイミー・ロマック(元DeNA)が一塁手部門で選ばれている。共にオールスター初出場となる。

ハ・ジェフンとロマックが所属するのは昨年の覇者で、現在首位を走るSKワイバーンズ。1リーグ制のKBOリーグは10球団をドリームオールスター(SK、トゥサン、サムスン、ロッテ、KT)とナヌムオールスター(ハンファ、キウム、KIA、LG、NC)の2つに分け、今回のファン投票でSKはドリームオールスターの12部門中、6選手が選ばれた。

KBOリーグ1年目のハ・ジェフンはシーズン途中からクローザーに転向。150キロに迫る速球を武器に、ここまで41試合に登板し5勝2敗。リーグトップタイの21セーブ、防御率1.36を記録している。

(関連記事:ヤクルトで外野手だったハ・ジェフン 投手として24試合連続無失点で13セーブ目

昨季、リーグトップと1本差の43本塁打を記録したロマックは、今季もリーグで最も多い20本のホームランを放ち、同僚のチェ・ジョンと並んでいる。

◇ ◇ ◇

ファン投票の対象となるのは12部門。投手は先発、中継ぎ、抑えの3部門に分かれ、野手には指名打者部門がある。6月10日から26日間、インターネットやKBOの公式アプリから投票が行われた。

また選手間投票(343票)も行われ、ファン投票(1,215,445票)を70%、選手間投票を30%として合算し、各部門で占有率が最も高い選手が「ベスト12」に選ばれている。

ファン投票で最も多く得票を集めたのはナヌムオールスターの外野手部門で選ばれたキム・ヒョンス(LG)の574,394票。部門ごとの占有率ではロマックが最も高い数値を残している。

ファン投票選出選手

◆ドリームオールスター

(SK、トゥサン、サムスン、ロッテ、KT)

投手(先発):キム グァンヒョン(SK)

投手(中継ぎ):キム テフン(SK)

投手(抑え):ハ ジェフン(SK)

捕手:カン ミンホ(サムスン)

一塁手:ジェイミー・ロマック(SK)

二塁手:キム サンス(サムスン)

三塁手:チェ ジョン(SK)

遊撃手:キム ジェホ(トゥサン)

外野手:コ ジョンウク(SK)

 ク ジャウク(サムスン)

 カン ベクホ(KT)

指名打者:ホセ・フェルナンデス(トゥサン)

◆ナヌムオールスター(ハンファ、キウム、KIA、LG、NC)

投手(先発):タイラー・ウィルソン(LG)

投手(中継ぎ):チョン ウヨン(LG)

投手(抑え):コ ウソク(LG)

捕手:ヤン ウィジ(NC)

一塁手:パク ピョンホ(キウム)

二塁手:パク ミンウ(NC)

三塁手:キム ミンソン(LG)

遊撃手:キム ハソン(キウム)

外野手:イ ジョンフ(キウム)

 キム ヒョンス(LG)

 イ チョンウン(LG)

指名打者:イ ヒョンジョン(LG)