3位のキウム「オープナー」成功 7投手の継投で勝利し3連勝<韓国KBOリーグ>

捕手パク・トンウォンと先発ヤン・ヒョンのバッテリー(写真:キウムヒーローズ)

7日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

コチョクスカイドームで行われたキウムヒーローズ対ロッテジャイアンツは、2-2の同点で迎えた8回裏、キウムが3点を挙げて5-2で勝利。3位のキウムは3連勝を飾りました。

この日のキウムの先発投手は2011年9月以来、約8年ぶり2度目の先発となった右のサイドスローのヤン・ヒョン投手。しかしヤン・ヒョン投手の役割は「オープナー」で、当初2回までの予定でマウンドに上がりました。

ヤン・ヒョン投手はロッテ打線を1、2回と3人ずつで終えると3回も続投し、3回28球を投げ被安打2、無失点で2番手以降にバトンを繋ぎました。

キウムはこの日7人の投手を投入。継投策が成功し勝利を収めています。敗れた最下位のロッテは6連敗です。

◆「Aクラスがすべて首都圏のチームに?」

6位KTは5日まで9連勝するなど好調で、5位NCとのゲーム差は1.5です。現在1位から4位までを韓国の北部、ソウルを中心とした首都圏を本拠地とするチームが締めていますが、もしNCとKTが入れ替わると10球団中上位5チームがすべて首都圏チームとなります。

首都圏のチームは遠征移動の距離が南部のチームに比べて短く、体力的負担が少ないとは言われるものの、これまで順位との相関関係はさほど見られませんでした。今後、首都圏勢の順位の動きも見ものです。

以下が全5試合の結果です。

◇7月7日(日)の結果

・トゥサン 5- 4 SK(チャムシル)

 勝:チェ ウォンジュン

 敗:ハ ジェフン

・キウム 5- 2 ロッテ(コチョク)

 勝:キム サンス

 敗:ソン スンラク

・ハンファ 3- 4 KT(テジョン)

 勝:チュ グォン

 敗:サーポルト

・KIA 9- 10 LG(クァンジュ)

 勝:チン ヘス

 敗:イム ギジュン

・NC 2- 4 サムスン(チャンウォン)

 勝:ペク チョンヒョン

 敗:ルチンスキー

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。