テギュンがデウンから併殺崩れで土壇場で同点に ハンファ延長サヨナラで連敗止める<韓国KBOリーグ>

サヨナラ勝ちで連敗が7で止まり喜ぶハンファナイン(写真:ハンファイーグルス)

6日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

ハンファ生命イーグルスパーク(テジョン)の試合は、7連敗中のハンファイーグルスと9連勝中のKTウィズの対戦。

試合は8-6でKTリードの9回裏、ハンファは1点を挙げ1点差とした後、1死満塁で5番キム・テギュン選手が打席に入りました。KTのマウンドは5番手、抑えのイ・デウン投手。

この場面でキム・テギュン選手が放った打球はショートへのゴロ。6-4-3と転送され、一度はダブルプレーでゲームセットの判定となるも、ハンファ側のビデオ判定要請の結果、一塁がセーフの判定に覆り、三塁走者が生還。8-8の同点となりました。

延長戦に突入し10回裏、ハンファは1死二塁で途中出場のチャン・ジンヒョク選手が右中間へタイムリーヒットを放って、9-8のサヨナラ勝ち。

(関連記事:お手本は秋山翔吾? ハンファ田辺徳雄コーチの下で一軍目指す25歳

ハンファは連敗を7で止め、KTの連勝は9で止まりました。

◆「外野手同士の1対1のトレード」

6日の午後1時10分、KIAタイガースとNCダイノスは外野手同士の1対1のトレードを発表。KIAからNCにイ・ミョンギ外野手(31)、NCからKIAにイ・ウソン外野手(24)が移籍しました。

両選手は早速、新チームに合流し、NCイ・ミョンギ選手は1番レフト、KIAイ・ウソン選手は6番センターでそれぞれ先発出場しました。

しかしイ・ウソン選手は試合開始時、ユニフォームが間に合わず、ジェイコブ・ターナー投手の40番のユニフォームを着用して出場。試合途中に自身のユニフォームが到着し、5番に着替えて出場を続けました。

以下が全5試合の結果です。

◇7月6日(土)の結果

・トゥサン 2- 4 SK(チャムシル)

 勝:キム グァンヒョン

 敗:イ ヨンチャン

・キウム 6- 4 ロッテ(コチョク)

 勝:ブリガム

 敗:ラリー

・ハンファ 9- 8 KT(テジョン)

 勝:チョン ウラム

 敗:オム サンベク

・KIA 7- 0 LG(クァンジュ)

 勝:ウィーランド

 敗:チャ ウチャン

・NC 2- 2 サムスン(チャンウォン)

 勝:

 敗:

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。