NC3連勝で勝率5割に/イ・デホ(ロッテ)8年ぶり通算6本目の三塁打<韓国KBOリーグ>

決勝3ランのパク・ソクミン(写真:NCダイノス)

5日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャンウォンNCパークで行われたNCダイノス対サムスンライオンズは7-3でNCが勝利。5位NCは3連勝で成績を42勝42敗として勝率を5割にしました。

NCは3番パク・ソクミン選手が11号逆転3ランとダメ押しのタイムリー二塁打を放ち、4打点の活躍を見せています。敗れた7位サムスンは5連敗です。

その他の試合も大きな連勝、連敗が目立ちます。6位KTウィズは9連勝。KTに敗れた9位ハンファイーグルスは7連敗。1、2位の対戦となったSKワイバーンズ対トゥサンベアーズはSKが勝って5連勝です。

◆「イ・デホの貴重な三塁打」

ロッテの4番イ・デホ選手がキウム戦の3回、2死二塁で放った打球はセンターの右へ。センターはスライディングキャッチを試みるも後ろに逸らし、ボールがフェンスへ転々とする間にイ・デホ選手は三塁に到達しました。

イ・デホ選手のKBOリーグでの三塁打は2011年8月14日のLG戦(チャムシル)以来、約8年ぶり。日数にして2,822日ぶりとのことです。

イ・デホ選手、NPBでは来日1年目の2012年、オリックス在籍時に2本の三塁打を放っています。

この日、ロッテの得点はイ・デホ選手のこのタイムリー三塁打での1点のみ。1-14で敗れて4連敗です。ちなみにイ・デホ選手の盗塁数は通算10個。NPBでは0でした。

以下が全5試合の結果です。

◇7月5日(金)の結果

・トゥサン 6- 8 SK(チャムシル)

 勝:パク チョンフン

 敗:フランコフ

・キウム 14- 1 ロッテ(コチョク)

 勝:シン ジェヨン

 敗:チャン シファン

・ハンファ 3- 10 KT(テジョン)

 勝:アルカンタラ

 敗:キム ボムス

・KIA 6- 1 LG(クァンジュ)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:キム デヒョン

・NC 7- 3 サムスン(チャンウォン)

 勝:イ ジェハク

 敗:ヘイリー

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。