リンドブロム13勝目、勝数と防御率、奪三振でリーグ単独トップに<韓国KBOリーグ>

13勝目を挙げたジョシュ・リンドブロム(写真:トゥサンベアーズ)

3日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

コチョクスカイドームで行われたキウムヒーローズ対トゥサンベアーズは3-1でトゥサンが勝利。

トゥサンの先発ジョシュ・リンドブロム投手はキウム打線に対し、8回104球を投げて散発の3安打。ソロホームランの1点に抑えて、リーグトップの13勝目を挙げました。

この日のリンドブロム投手は抜群のコントロールを見せ、無四球ピッチングで奪った三振は7つ。これでリンドブロム投手は防御率(1.89)、奪三振(112個)、投球回数(119回)でも単独トップに立ちました。

この試合、キウムの先発エリック・ヨキッシュ投手も好投し、試合時間は2時間11分のスピードゲームでした。2位トゥサンの連敗は3でストップ。3位キウムの連勝も4で止まりました。

◆「KT、チーム記録を更新する7連勝」

サムスンに勝ったKTは7連勝。チームの連勝記録を更新しています。抑えに転向のイ・デウン投手(元千葉ロッテ)が4セーブ目を挙げ、5位とは2ゲーム差の6位と上向いています。金曜日からは現在5連敗中の9位ハンファとの対戦です。

以下が全5試合の結果です。

◇7月3日(水)の結果

・LG 6- 1 ハンファ(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:チャド・ベル

・キウム 1- 3 トゥサン(コチョク)

 勝:リンドブロム

 敗:ヨキッシュ

・SK 8- 5 ロッテ(インチョン)

 勝:ソーサ

 敗:ソ ジュンウォン

・KT 3- 0 サムスン(スウォン)

 勝:ペ ジェソン

 敗:マグワイア

・KIA 4- 8 NC(クァンジュ)

 勝:パク チンウ

 敗:ターナー

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。