ロハス決勝打&2試合連続弾でKT4連勝 イ・デウン2セーブ目<韓国KBOリーグ>

メル・ロハス(写真:kt wiz/初報から差し替え)

29日の韓国KBOリーグは中、南部の3試合が雨で中止となり、首都圏の2試合のみ行われました。

スウォンKTウィズパークのKTウィズ対KIAタイガースはKIAが5回を終わって3-0と3点をリード。KIAの先発ヤン・ヒョンジョン投手はKT打線を5回まで0点に抑えていましたが、左足の内転筋に軽い痛みを感じ、大事を取って6回からはリリーフ陣にバトンタッチしました。

3点を追うKTは6回裏、二者が倒れるも、5番スイッチヒッターのメル・ロハス選手は、左投手に対し右打席でレフトへ2試合連続となる15号ソロホームラン。1-3としました。

ロハス選手の一打で火が付いたKT打線は後続が4連打。2点を追加しこの回3-3の同点に追いつきます。

さらに7回には2死三塁でロハス選手が今度は左打席でレフトへタイムリーを放って、4-3とし勝ち越しに成功。

8回に1点を追加し5-3としたKTは9回、3番手のマウンドに上がったイ・デウン投手が3人で締めてゲームセット。4連勝を飾ったKTは、試合がなかったサムスンに代わって6位に浮上しました。敗れたKIAは3連敗です。

◆「スーパーソニック、一軍昇格」

歴代3位の505盗塁を記録する「スーパーソニック」ことイ・デヒョン外野手が、26日に今季初めて一軍に昇格しました。

昨季の出場はシーズン終盤のわずか1試合と、しばらく一軍から遠ざかっているイ・デヒョン選手。この日は6回に代打で登場しましたが、ショートゴロに倒れてベンチに下がっています。ここまで3試合に出場し、3打数ノーヒットです。

スピード感のあるプレーとスマートなルックスから日本にもファンが多いイ・デヒョン選手。来月で36歳、チャンスは限られていますが、見せ場は訪れるでしょうか。

以下が全5試合の結果です。

◇6月29日(土)の結果

・トゥサン 0- 4 ロッテ(チャムシル)

 勝:チャン シファン

 敗:フランコフ

・KT 5- 3 KIA(スウォン)

 勝:アルカンタラ

 敗:コ ヨンチャン

・ハンファ 中 止 キウム(テジョン)

 勝:

 敗:

・サムスン 中 止 SK(テグ)

 勝:

 敗:

・NC 中 止 LG(チャンウォン)

 勝:

 敗:

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。