キウム、終盤に集中打で先発全員安打 キム・ハソンが決勝3ラン放つ<韓国KBOリーグ>

7回裏に12号勝ち越し3ランを放ったキム・ハソン(写真:キウムヒーローズ)

27日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

コチョクスカイドームで行われたキウムヒーローズ対KIAタイガースは2-2で迎えた7回裏、キウムは2番キム・ハソン選手がレフトへ勝ち越しの3ランホームランを放ち5-3とリードしました。

キウムは8回にも4番のパク・ピョンホ選手がダメ押しの15号ソロを放つなど、この回、長短5安打を連ねて3点を追加。先発全員の13安打を記録したキウムが8-2で勝利しました。

◆「合い言葉はK」

今年から名称がネクセンからキウムに変わったヒーローズ。帽子のイニシャルも「N」から「K」に変わりました。そのキウムの選手たちはヒットで出塁した時など、親指、人差し指、中指を使って「K」の字を表すのが恒例になっています。

二塁打の時は左右両方の手をKにするなど、趣向を凝らすこともあるようです。選手たちで自発的に始まったという「Kセレモニー」。貯金12で3位の好成績を残しているチームのいい雰囲気が現れています。

8回裏に三塁打を放ち、右手で「K」を作るソン・ソンムン(写真:キウムヒーローズ)
8回裏に三塁打を放ち、右手で「K」を作るソン・ソンムン(写真:キウムヒーローズ)

以下が全5試合の結果です。

◇6月27日(木)の結果

・LG 6- 4 SK(チャムシル)

 勝:チョン ウヨン

 敗:パク ミンホ

・キウム 8- 2 KIA(コチョク)

 勝:ハン ヒョンヒ

 敗:ハ ジュンヨン

・サムスン 1- 9 トゥサン(ポハン)

 勝:リンドブロム

 敗:マグワイア

・ロッテ 2- 10 KT(プサン)

 勝:ペ ジェソン

 敗:キム ウォンジュン

・NC 10- 5 ハンファ(チャンウォン)

 勝:ク チャンモ

 敗:チャド・ベル

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。