オ!ジェイルとジェウォンで8打点 トゥサン4連勝<韓国KBOリーグ>

オ・ジェイルとオ・ジェウォン(写真:トゥサンベアーズ)

20日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場で行われたトゥサンベアーズ対NCダイノスは、トゥサンが14-2で大勝。先発のジョシュ・リンドブロム投手はリーグトップの11勝目を挙げました。

この試合、トゥサンは3回に10得点のビッグイニングを作るなど、試合を優位に進めましたが、中でも5番のオ・ジェイル選手が4安打5打点、9番オ・ジェウォン選手は3号3ランを含む、2安打3打点の活躍を見せました。

他球場ではハンファイーグルスがロッテジャイアンツに対し、3-7で4点を追う9回裏、3点を挙げて1点差としさらに2死満塁の場面。ここで5番のイ・ソンヨル選手がレフトで12号、逆転サヨナラ満塁ホームランを放ち、勝利しました。ハンファの連敗は7で止まっています。ロッテの連勝も4でストップです。

◆「名前は似てるけど…」

オ・ジェイル選手とオ・ジェウォン選手、名前は似ていますがタイプは正反対。感情表現があまりないのがジェイル選手で、その逆がジェウォン選手です。今季は両選手とも例年のような成績ではありませんが、徐々に調子が上向き、20日の試合では共に結果が出ました。

以下が全5試合の結果です。

◇6月20日(木)の結果

・トゥサン 14- 2 NC(チャムシル)

 勝:リンドブロム

 敗:パク チンウ

・キウム 3- 1 KT(コチョク)

 勝:アン ウジン

 敗:ペ ジェソン

・ハンファ 10- 7 ロッテ(テジョン)

 勝:キム ジョンス

 敗:ク スンミン

・サムスン 3- 11 LG(テグ)

 勝:ケリー

 敗:ユン ソンファン

・KIA 8- 5 SK(クァンジュ)

 勝:イム ギジュン

 敗:キム テクヒョン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。