ホームラン4発のサムスン ク・ジャウクの逆転弾で勝利<韓国KBOリーグ>

決勝の逆転2ランを放ったク・ジャウク(写真:サムスンライオンズ)

18日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

テグサムスンライオンズパークで行われたサムスンライオンズ対LGツインズは、4本のホームランを放ったサムスンが12-5で勝利しています。

サムスンは3-4で1点を追う5回裏、2死二塁で2番のク・ジャウク選手がフルカウントからの9球目を右中間へ2ランホームラン。この一打が決勝点となりました。

サムスンの先発ジャスティン・ヘイリー投手は5回106球を投げて、被安打6、失点4でしたが、味方の援護で4勝目を挙げました。

サムスンは連敗を2で止め、KTウィズと入れ替わり再び6位となりました。

◆「KIAイ・ボムホ、引退を発表」

KIAタイガースは18日、チームの主砲で2010年にソフトバンクでプレーしたイ・ボムホ内野手(37)の現役引退を発表しました。

昨季は20本塁打、通算では歴代5位(現役1位)の329本塁打を記録しているイ・ボムホ選手ですが、今季は以前から続く太もも痛の影響で出場は13試合に留まっていました。

イ・ボムホ選手は「いっぱい悩んだが成長する後輩たちと未来のために、引退を決断した」と球団を通してコメントしています。

KIAは7月13日(土)にイ・ボムホ選手がかつて所属していた、ハンファイーグルスとの試合で引退セレモニーを行う予定です。

以下が全5試合の結果です。

◇6月18日(火)の結果

・トゥサン 10- 7 NC(チャムシル)

 勝:イ ヨンチャン

 敗:チョン スミン

・キウム 3- 2 KT(コチョク)

 勝:ユン ヨンサム

 敗:キム ミンス

・ハンファ 3- 11 ロッテ(テジョン)

 勝:ラリー

 敗:キム ミンウ

・サムスン 12- 5 LG(テグ)

 勝:ヘイリー

 敗:チャ ウチャン

・KIA 4- 2 SK(クァンジュ)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:パク チョンフン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。