LG振り逃げサヨナラで3連勝 輝星と同じ誕生日の主砲が3打点の活躍<韓国KBOリーグ>

3打点の活躍を見せたキム・ヒョンス(写真:LGツインズ)

12日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場で行われたLGツインズ対ロッテジャイアンツはLGが初回に3番キム・ヒョンス選手の犠牲フライで1点を先制。3回にもキム・ヒョンス選手がライトへ5号2ランを放ち3-0としました。

LGの先発チャ・ウチャン投手は7回1失点と好投。後をリリーフ陣に託すも、LGは8回に守備の乱れなどで2点を失い、3-3の同点で試合は延長戦へと突入しました。

LGは10回裏、この回の先頭打者、3番キム・ヒョンス選手がセカンドへの内野安打で出塁。

その後2死一、三塁となって打席には7番のオ・ジファン選手。オ・ジファン選手はチャンスで空振りの三振に倒れるも、捕手が弾いて振り逃げとなり、三塁からキム・ヒョンス選手が決勝のホームを踏んでゲームセット。4-3でLGがサヨナラ勝ちしました。

3位LGは3連勝、敗れた最下位のロッテは6連敗です。

◆「日本では輝星投手が初勝利ということで…」

吉田輝星投手(日本ハム)をはじめ、昨夏の甲子園を沸かせたメンバーのことは韓国の選手の間でも有名。U18代表の試合が韓国でも注目を集めたからです。

12日の試合に先発したLGのチャ・ウチャン投手も、今春のキャンプでは輝星投手や根尾昂選手(中日)に興味津々でした。

きょう日本では輝星投手がプロ初登板初勝利を達成した記念すべき日。ということで取り上げると、この日活躍したLGの主砲キム・ヒョンス選手は輝星投手と同じ1月12日生まれ。1988年生まれなので輝星投手より13歳年上です。

4年前のプレミア12では大谷翔平投手(現エンゼルス)が160キロ台の速球を投じた元メジャーリーガーのキム・ヒョンス選手と、吉田輝星投手が大舞台で対戦する日もそう遠くないのでは?なんてことを想像した夜でした。

以下が全5試合の結果です。

◇6月12日(水)の結果

・LG 4- 3 ロッテ(チャムシル)

 勝:コ ウソク

 敗:コ ヒョジュン

・KT 3- 6 SK(スウォン)

 勝:チョン ヨンイル

 敗:クム ミンチョル

・ハンファ 6- 9 トゥサン(テジョン)

 勝:キム スンフェ

 敗:キム ミンウ

・KIA 7- 3 サムスン(クァンジュ)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:ペク チョンヒョン

・NC 4- 5 キウム(チャンウォン)

 勝:オ ジュウォン

 敗:ユ ウォンサン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。