NC接戦制す KIAウィーランドは7回1失点、自己最多9Kの好投も報われず<韓国KBOリーグ>

8回表KIA、左飛で三塁走者突入もNC野手陣の好連係で憤死(写真:NCダイノス)

7日のKBOリーグは5試合中、4試合が接戦、うち2試合がサヨナラゲームでした。

チャンウォンNCパークのNCダイノス対KIAタイガースはNCドリュー・ルチンスキー、KIAジョー・ウィーランド(元DeNA)の両先発投手が好投。

ルチンスキー投手は7回被安打6、無失点。ウィーランド投手は6回に味方のエラー絡みで1失点するも、7回を被安打5、自己最多の9つの三振を奪い、自責点0でマウンドを降りました。

8回表、0-1で1点を追うKIAは、1死三塁のチャンスで代打のアン・チホン選手がレフトへ飛球。三塁走者がタッチアップするも、NC野手陣の好連係でホームタッチアウトとなり同点とはなりませんでした。

しかしKIAは9回表、2死ランナーなしで4番チェ・ヒョンウ選手がライトへ10号ソロを放ち、土壇場で1-1の同点に追いつきます。

同点にされ、9回裏の攻撃を迎えたNCはその回の先頭打者、5番モ・チャンミン選手がレフトへ5号サヨナラソロホームラン。劇的な幕切れでNCが接戦を制しました。

以下が全5試合の結果です。

◇6月7日(金)の結果

・トゥサン 7- 1 キウム(チャムシル)

 勝:イ ヨンハ

 敗:ブリガム

・SK 4- 2 サムスン(インチョン)

 勝:ハ ジェフン

 敗:チャン ピルチュン

・KT 2- 1 ロッテ(スウォン)

 勝:チョン ユス

 敗:コ ヒョジュン

・ハンファ 3- 2 LG(テジョン)

 勝:サーポルト

 敗:ウィルソン

・NC 2- 1 KIA(チャンウォン)

 勝:ウォン ジョンヒョン

 敗:チョン サンヒョン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。