最下位ロッテ、9回に追いつき11回にサヨナラで接戦を制す<韓国KBOリーグ>

延長11回サヨナラ打のオ・ユンソクと飛びつくホ・イル(写真:ロッテジャイアンツ)

4日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

ロッテジャイアンツの準本拠地・ウルサン(蔚山)のムンス野球場で行われた、ロッテ対ハンファイーグルス戦は、ハンファが2-1と1点リードで9回へ。

1点を追うロッテは9回裏、この回の先頭打者、3番のソン・アソプ選手が右中間のフェンスを直撃する二塁打で出塁すると、4番イ・デホ選手の打席でハンファの3番手チョン・ウラム投手がボークを宣告され、走者は三塁に進みました。

この場面でイ・デホ選手はショートゴロに倒れるも三塁走者が生還。ロッテは土壇場で2-2の同点に追いつきました。

延長戦に入り両者得点なく迎えた11回裏、ロッテは2死一、二塁のチャンスを作ると、7番オ・ユンソク選手がレフト前ヒット。この打球で二塁走者が還り、ロッテが3-2でサヨナラ勝ちしました。

オ・ユンソク選手のプロ入り初のサヨナラヒットで勝利した10位のロッテは、9位KIAが敗れたため9位とのゲーム差を1.5に減らしています。

以下が全5試合の結果です。

◇6月4日(火)の結果

・LG 8- 4 KT(チャムシル)

 勝:イ ウチャン

 敗:クエバス

・キウム 1- 2 SK(コチョク)

 勝:キム テフン

 敗:チョ サンウ

・サムスン 3- 1 NC(テグ)

 勝:ウォン テイン

 敗:ク チャンモ

・KIA 2- 7 トゥサン(クァンジュ)

 勝:ユ ヒグァン

 敗:ターナー

・ロッテ 3- 2 ハンファ(ウルサン)

 勝:コ ヒョジュン

 敗:アン ヨンミョン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。