ロッテ、相手の守備の乱れで逆転 連敗を7で止める<韓国KBOリーグ>

プロ7年目で初セーブのク・スンミン(写真:ロッテジャイアンツ)

24日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

プサンサジク球場のロッテジャイアンツLGツインズは6回裏、ロッテが1点を挙げて4-5として1点差に迫ると、なおも2死満塁で打席には4番イ・デホ選手。この場面でイ・デホ選手はセカンドゴロに打ち取られるも、二塁封殺を狙ったセカンドのショートへのトスが逸れ、ボールが転々とする間に2者が生還。6-5として逆転に成功しました。

ロッテはさらに追加点を挙げて3点をリード。リリーフ陣がそれを守って、16日から続いた連敗を7で止めました。

8回途中から5番手で登板し、打者4人を抑えたク・スンミン投手がプロ7年目で初セーブを挙げています。

以下が全5試合の結果です。

◇5月24日(金)の結果

・トゥサン 3- 4 ハンファ(チャムシル)

 勝:アン ヨンミョン

 敗:クォン ヒョク

・サムスン 5- 10 キウム(テグ)

 勝:チェ ウォンテ

 敗:ヘイリー

・KIA 7- 5 KT(クァンジュ)

 勝:イ ミンウ

 敗:アルカンタラ

・ロッテ 8- 5 LG(プサン)

 勝:ソン スンラク

 敗:チョン チャンホン

・NC 2- 4 SK(チャンウォン)

 勝:パク チョンフン

 敗:バトラー

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。