サムスンの高卒ドラ1 先発転向が成功しプロ初勝利<韓国KBOリーグ>

プロ初勝利のウォン・テイン(写真:サムスンライオンズ)

4日、韓国KBOリーグは3試合が地上波中継時の番組編成上の理由から14時開始、他2試合が17時からのナイトゲームで行われました。

コチョクスカイドームのキウムヒーローズサムスンライオンズは、サムスンの高卒ドラ1ルーキー、ウォン・テイン投手がプロ初勝利を挙げました。

(関連記事:「吉田クンより上」 落合コーチ絶賛の韓国U18代表ドラ1右腕

ウォン・テイン投手は7回を投げ被安打3、失点1と好投。開幕当初はリリーフでの起用でしたが、チーム事情により4月下旬から先発に転向し、今回が2度目の先発登板でした。ここまでの成績は8試合1勝1敗2ホールド、防御率2.18です。

以下が全5試合の結果です。

◇5月4日(土)の結果

・トゥサン 3- 2 LG(チャムシル)

 勝:クォン ヒョク

 敗:ケリー

・キウム 1- 3 サムスン(コチョク)

 勝:ウォン テイン

 敗:アン ウジン

・ハンファ 10- 9 KT(テジョン)

 勝:キム イファン

 敗:チョン ソンゴン

・ロッテ 4- 10 SK(プサン)

 勝:サンチェス

 敗:キム ウォンジュン

・NC 4- 1 KIA(チャンウォン)

 勝:ペ ジェファン

 敗:ホン ゴンヒ

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。