キウム 同点の8回に1~5番が5者連続センター前ヒットの珍事 5点を挙げ勝利<韓国KBOリーグ>

1番打者のイ・ジョンフ(写真:キウムヒーローズ)

3日、韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

コチョクスカイドームのキウムヒーローズサムスンライオンズは、3-3の同点で迎えた8回裏、キウムは1死一、三塁でのショートゴロが併殺崩れとなって三塁走者が生還。1点を挙げて4-3とし、勝ち越しに成功しました。

2死一塁となって打順が1番のイ・ジョンフ選手に戻ると、イ・ジョンフ選手はセンター前ヒット。すると2番キム・ハソン、3番サンズ、4番パク・ピョンホ、5番チャン・ヨンソク各選手がセンター前ヒットで続き、5者連続の中前安打の間に4点を挙げ、8-3とリードを大きく広げました。

9回表の守りは左腕のキム・ソンミン投手が3人で締めてゲームセット。キウムは連勝、サムスンは連敗です。

以下が全5試合の結果です。

◇5月3日(金)の結果

・トゥサン 7- 2 LG(チャムシル)

 勝:リンドブロム

 敗:ウィルソン

・キウム 8- 3 サムスン(コチョク)

 勝:ハン ヒョンヒ

 敗:チェ ジグァン

・ハンファ 4- 5 KT(テジョン)

 勝:チョン ソンゴン

 敗:チョン ウラム

・ロッテ 7- 11 SK(プサン)

 勝:キム グァンヒョン

 敗:チャン シファン

・NC 4- 8 KIA(チャンウォン)

 勝:ウィーランド

 敗:キム ヨンギュ

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。