首位SK 8回に均衡を破るタイムリーが飛び出し接戦を制す<韓国KBOリーグ>

コ・ジョンウク(写真:SKワイバーンズ)

5月1日、韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

インチョンSK幸福ドリーム球場で行われたSKワイバーンズキウムヒーローズの対戦はSKはパク・チョンフン、キウムがチェ・ウォンテの両先発投手がどちらも7回を無失点に抑える好投を見せ、試合は0-0のまま8回に突入しました。

SKは8回裏、この回の先頭打者6番のロマック選手が四球で出塁すると、代走のキム・ジェヒョン選手が盗塁に成功。無死二塁となって7番のコ・ジョンウク選手がライトにタイムリー二塁打を放ち、SKが1点を挙げて均衡を破りました。

コ・ジョンウク選手は三盗を決めると、8番キム・ソンヒョン選手がセンターへタイムリーを放ち、コ・ジョンウク選手が生還。2-0としました。

2点を守るSKは9回表を3番手のハ・ジェフン投手が締めゲームセット。接戦を制しました。

以下が全5試合の結果です。

◇5月1日(水)の結果

・LG 3- 2 KT(チャムシル)

 勝:ペ ジェジュン

 敗:アルカンタラ

・SK 2- 0 キウム(インチョン)

 勝:キム テフン

 敗:キム サンス

・ハンファ 4- 1 トゥサン(テジョン)

 勝:キム ボムス

 敗:ユ ヒグァン

・KIA 2- 10 サムスン(クァンジュ)

 勝:ユン ソンファン

 敗:キム ギフン

・ロッテ 5- 9 NC(プサン)

 勝:バトラー

 敗:キム ゴングク

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。