カープ出身の28歳内野手 失意の二軍落ち<韓国KBOリーグ>

元広島の内野手、シン・ソンヒョン(写真:トゥサンベアーズ)

トゥサンベアーズは27日、シン・ソンヒョン内野手(申成鉉、28)の出場選手登録を抹消した。

シン・ソンヒョンは京都国際高校に野球留学していた2008年9月に広島の入団テストを受け合格。同年のドラフトで4位で指名され、韓国のプロを経ず、NPBでプロ入りを果たした。

しかし広島での5年間で1軍出場はなく2013年秋に広島を戦力外となった。その後韓国に帰国し、独立球団のコヤンワンダーズでプレー。2015年に育成選手としてハンファイーグルス入りした。

長打力のある内野手としてKBOリーグ2年目の2016年には89試合に出場。打率2割7分8厘、8本塁打、24打点を記録した。本職のショートの他、サード、ファーストもこなすことで出場機会を得ていった。2017年4月にトゥサンに移籍している。

今季のトゥサンはセカンドのオ・ジェウォンが成績不振、指名打者のチェ・ジュファンが右脇腹痛で離脱したことで今月10日、シン・ソンヒョンに1軍昇格のチャンスが訪れた。しかし1打席勝負となることが多く結果を出せずにいた。

24日の試合前、シン・ソンヒョンに今の状況について尋ねると、険しい表情を見せ、「キツい、難しいです」と首を振りながらうなだれた。

「速球に遅れないように、出てくるピッチャーの投球にタイミングが合うようにイメージしている」と試合中はベンチで準備していると話していたが、首脳陣の信頼を得るには至らなかった。

26日のロッテ戦では8番セカンドで先発出場し、1打席目はレフトへの犠牲フライで打点を挙げるも、2打席目の1死二、三塁のチャンスでは2ストライクから外のスライダーを大きく空振りし三振。

次の回の守りではさばいたゴロを一塁に送球する際、握り損ねて落球。エラーとなった直後にキム・テヒョン監督は審判に交代を告げ、シン・ソンヒョンはベンチへと下がった。

トゥサンは球界屈指の選手層を誇るチーム。限られたチャンスの中で結果を求められる状況下、シン・ソンヒョンは失意の二軍落ちとなった。

トゥサンはシン・ソンヒョンに代わる内野手として高卒ルーキーで長打力のある三塁手、ソン・スンファン(18)を一軍登録している。

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。