リーグ1の三塁打を放つ阿部慎之助門下生の捕手 今季5本目が決勝打に<韓国KBOリーグ>

タイムリー三塁打のパク・セヒョク(写真:トゥサンベアーズ/初報から差し替え)

26日の韓国KBOリーグは2試合が雨で中止。3試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場でのトゥサンベアーズロッテジャイアンツの試合はトゥサンが11-8で勝利。トゥサンは連敗を止め、首位SKとゲーム差なしの2位のまま変わりません。7位ロッテは3連敗です。

この試合、7番のパク・セヒョク選手が3安打2打点と活躍。ホームランが出ればサイクルヒットでした。2回裏、1死一、二塁での一塁手の右を抜くライトへの2点タイムリー三塁打が決勝打になっています。

パク・セヒョク選手の三塁打数はリーグトップ。昨年までは2016年の1本のみでしたが、今年は既に5本記録しています。

トゥサンは昨季まで正捕手を務めたリーグを代表する捕手、ヤン・ウィジ選手がオフにNCダイノスにFA移籍。大きな責任を背負う今年はキャンプを前に、阿部慎之助選手(巨人)と自主トレを行いました。

(関連記事:阿部慎之助との日々のLINEが刺激に 新正捕手目指すトゥサンの29歳

ヤン・ウィジ選手の後釜としてトゥサンのマスクをかぶっているパク・セヒョク選手。ここまで打率3割1分4厘とその穴を感じさせない活躍を見せています。

以下が3試合の結果です。

◇4月26日(金)の結果

・トゥサン 11- 8 ロッテ(チャムシル)

 勝:イ ヨンハ

 敗:トンプソン

・キウム 8- 4 KIA(コチョク)

 勝:イ スンホ

 敗:ヤン ヒョンジョン

・KT 0- 2 SK(スウォン)

 勝:ムン スンウォン

 敗:キム ミン

・サムスン 中 止 LG(テグ)

 勝:

 敗:

・NC 中 止 ハンファ(チャンウォン)

 勝:

 敗:

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。