キム・ハソン、パク・ピョンホで決着 役者が揃ってキウム快勝<韓国KBOリーグ>

決勝タイムリーのキム・ハソン(写真:キウムヒーローズ)

30日、韓国KBOリーグは全5試合が17時開始のナイトゲームで行われました。

コチョクスカイドームでのキウムヒーローズSKワイバーンズの対戦は接戦で終盤へ。

1-1で迎えた7回表、SKは無死で勝ち越しの走者が一塁に出塁すると、キウムの2番手ハン・ヒョンヒ投手が一塁へ牽制球。当初、塁審の判定はセーフもビデオ判定の結果、判定が覆りアウトとなって、試合の流れはキウムへと傾きました。

その裏、キウムは1死から1番イ・ジョンフ選手が左中間への二塁打で出塁すると、続くソ・ゴンチャン選手のライトフライで三塁へ。2死三塁となったところで、3番のキム・ハソン選手がレフトオーバーのタイムリー二塁打を放ち、キウムは勝ち越しに成功しました。

さらに4番のパク・ピョンホ選手が初球を左中間へタイムリーヒット。キム・ハソン選手が還って、キウムは3-1と2点をリードしました。

キウムは8回をキム・サンス投手、9回をチョ・サンウ投手がSK打線をいずれも3人で抑えてゲームセット。キウムが3-1で勝利し、チョ・サンウ投手は今季3セーブ目を挙げました。

以下が全5試合の結果です。

◇3月30日(土)の結果

・LG 1- 7 ロッテ(チャムシル)

 勝:キム ウォンジュン

 敗:ケリー

・キウム 3- 1 SK(コチョク)

 勝:ハン ヒョンヒ

 敗:パク チョンベ

・KT 6- 2 KIA(スウォン)

 勝:アルカンタラ

 敗:ターナー

・ハンファ 13- 5 NC(テジョン)

 勝:チャド・ベル

 敗:ルチンスキ―

・サムスン 2- 4 トゥサン(テグ)

 勝:イ ヒョンボム

 敗:ウォン テイン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。