NC、新球場で迎えたシーズン開幕戦で新戦力がアーチそろい踏み<韓国KBOリーグ>

クリスチャン・ベタンコート(写真:NCダイノス)

23日、韓国KBOリーグは今年の公式戦が開幕。全5試合が行われました。

昨年まで使用したマサン球場の隣に新球場のチャンウォンNCパークが完成したNCダイノスは、サムスンライオンズとの開幕戦を7-0で快勝しました。

NCは1回裏、ランナーを2人置いて、4番の新助っ人・ベタンコート選手が、サムスンの先発マグワイア投手からレフトへ3ランホームラン。3点を先制しました。

NCは続く5番、トゥサンからFA移籍のヤン・ウィジ選手がライトへソロホームランを放ち、新戦力の連続アーチで初回に4点を上げました。

さらにNCは2回裏にも2番ノ・ジンヒョク選手に2ランが飛び出し、序盤に大量リードを奪いました。

投げてはNCの先発、新入団のバトラー投手が7回1/3を被安打3、無失点と好投。投打の新戦力が活躍を見せたNCは、ニューオープンのボールパークでイ・ドンウク新監督の就任初勝利を飾りました。

以下が全5試合の結果です。

◇3月23日(土)の結果

・トゥサン 5- 4 ハンファ(チャムシル)

 勝:パク チグク

 敗:キム ボムス

・SK 7- 4 KT(インチョン)

 勝:ハ ジェフン

 敗:チョン ソンゴン

・KIA 0- 2 LG(クァンジュ)

 勝:ウィルソン

 敗:ヤン ヒョンジョン

・ロッテ 4- 7 キウム(プサン)

 勝:ブリガム

 敗:ラリー

・NC 7- 0 サムスン(チャンウォン)

 勝:バトラー

 敗:マグワイア

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。