オープン戦1位は昨年の王者・SK 首位打者は球界のヒットマシーンが5割をマーク<韓国KBOリーグ>

昨季の首位打者のキム・ヒョンスはオープン戦でも打率1位に(写真:LGツインズ)

20日の韓国KBOリーグのオープン戦は1試合が雨で中止に。4試合が行われ、オープン戦全日程が終了しました。

(関連記事:卒業旅行シーズンにドームで8試合 オープン戦日程発表

オープン戦の順位は昨年の韓国シリーズ王者・SKワイバーンズが5勝2敗1分けで1位。ハンファイーグルスキウムヒーローズが2位で並び、4位がKIAタイガースLGツインズでした。

6位以降はNCダイノスロッテジャイアンツトゥサンベアーズサムスンライオンズKTウィズの順。2試合が中止になったKTは5敗1分けで勝ち星はありませんでした。

個人成績では打撃部門で昨季の首位打者キム・ヒョンス選手(LG)が20打数10安打で、打率5割を記録し1位。2本塁打もトップタイです。

投手ではハンファの新外国人チャド・ベル投手とイ・ジェハク投手(NC)がそれぞれ2勝を挙げました。

シーズン開幕は今週23日(土)。11月にプレミア12が行われるため、例年より早いスタートとなります。

(関連記事:東京五輪出場権がかかる プレミア12の組み合わせ決定

以下が全4試合の結果です。

◇3月20日(水)のオープン戦

・キウム 2- 0 KIA(コチョク)

 勝:キム ドンジュン

 敗:ユ スンチョル

・SK 1- 0 トゥサン(インチョン)

 勝:ダイクゾーン

 敗:フランコフ

・KT 中 止 LG(スウォン)

 勝:

 敗:

・ロッテ 4- 3 サムスン(プサン)

 勝:イ インボク

 敗:クォン オジュン

・NC 3- 2 ハンファ(チャンウォン)

 勝:イ ジェハク

 敗:キム ソンフン

⇒ 2019年 韓国プロ野球オープン戦日程と結果(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可と、スポーツ朝鮮からの記事協力を得ています。