サムスンの新助っ人・ヘイリー4回1失点。先発として期待<韓国KBOリーグ>

13日のKT戦に先発登板したジャスティン・ヘイリー(写真:サムスンライオンズ)

13日の韓国KBOリーグのオープン戦は全5試合が行われました。

(関連記事:卒業旅行シーズンにドームで8試合 オープン戦日程発表

テグで行われたサムスンライオンズKTウィズの試合はサムスンの9番打者ペク・スンミン選手が2安打5打点の活躍でサムスンが6-1で勝利。サムスンはオープン戦2連勝です。

サムスンの先発マウンドに上がった新外国人のジャスティン・ヘイリー投手(前レッドソックス)は4回を投げ、打者17人に対し、被安打5、失点1。5つの三振を奪いました。

キャンプでの練習試合から好投を続けているヘイリー投手。サムスンはこの3年間、2けた勝利した外国人がおらず、低迷が続いていることから今年こそはと期待が高まります。

以下が全5試合の結果です。

◇3月13日(水)のオープン戦

・キウム 4- 8 LG(コチョク)

 勝:ケリー

 敗:チェ ウォンテ

・ハンファ 9- 2 トゥサン(テジョン)

 勝:ソン ウンボム

 敗:パク シンジ

・サムスン 6- 1 KT(テグ)

 勝:ヘイリー

 敗:クム ミンチョル

・KIA 3- 3 SK(クァンジュ)

 勝:

 敗:

・ロッテ 0- 5 NC(サンドン)

 勝:イ ジェハク

 敗:キム ウォンジュン

⇒ 2019年 韓国プロ野球オープン戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可と、スポーツ朝鮮からの記事協力を得ています。