イ・デホが3年連続で年俸トップ 日本との平均年俸の差は?<韓国KBOリーグ>

3年連続年俸トップ、ロッテジャイアンツのイ・デホ(写真:ロッテジャイアンツ)

韓国野球委員会(KBO)は18日、今年のKBOリーグ所属選手に関する年俸などの集計結果を発表。オリックス、福岡ソフトバンクでもプレーしたイ・デホ内野手(36=ロッテ)が年俸25億ウォン(約2億4,500万円)で、3年連続でトップとなりました。

KBOリーグでは球団が選手の年俸を公表し、毎年2月にリーグから集計資料が公開されています。

イ・デホ選手に次ぐ2位は球界を代表するエース左腕のヤン・ヒョンジョン投手(30=KIA)で23億ウォン(約2億2,540万円)。3位は昨オフ、トゥサンベアーズからNCダイノスにFA移籍したヤン・ウィジ捕手(31)の20億ウォン(約1億9,600万円)です。

また新人と外国人選手を除いた全10球団501選手の平均年俸は1億5,065万ウォン(約1,476万円)で2018年より0.3%の増加となりました。

一方、NPBの2018年の平均年俸は3,955万円(日本プロ野球選手会調べ)でKBOとの差は2,500万円程あります。

日韓の違いとして韓国の場合、新人選手の年俸がリーグ最低年俸の2,700万ウォン(約265万円)に定められていることがあります。

入団時の契約金は選手ごとに異なりますが、育成選手に契約金はありません。一軍の試合に出場すると手当てが支払われますが、育成選手は一軍の試合に出られないため、育成選手や一軍経験のない若手選手の年俸は300万円に満たない額です。主力選手との格差は大きくなっています。

チーム別では平均年俸が最も高いのは昨季の成績が7位のロッテジャイアンツで1億9,583万ウォン(約1,919万円)。新人、外国人選手を除いた総額でリーグ唯一100億ウォンを超えています。

平均年俸が少ないのは昨季9位だったKTウィズの9,522万ウォン(約933万円)で10球団中、KTだけが1億ウォンを下回っています。

今回の集計には含まれていない外国人選手では、韓国5年目のジョシュ・リンドブロム投手(31=トゥサン)が170万ドル(約1億8800万円)で一番の高給取りです。

現在、春季キャンプ中の各球団は3月上旬に帰国し、3月12日からオープン戦を実施。23日にシーズンが開幕し、全144試合を行います。

(関連記事:12球団のキャンプ日程が出揃う 韓国球団との練習試合は23試合

(関連記事:卒業旅行シーズンにドームで8試合 オープン戦日程発表

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。