背番号1といえば?「鳥谷!」 2人の野手が新たに1番を背負う理由

背番号を6から1に変更したKIAのチェ・ウォンジュン(写真:ストライク・ゾーン)

高校野球でエースナンバーといえば背番号1。しかしプロで1番を背負う投手はあまり見られない。今季、NPB12球団で背番号1の投手は斎藤佑樹(北海道日本ハム)、松井裕樹(東北楽天)の2人だけだ。

一方、韓国はというとKBOリーグ10球団中、8投手が背番号1をつけている。

 SKワイバーンズ キム・テクヒョン

 トゥサンベアーズ ハム・ドクチュ

 キウムヒーローズ ハン・ヒョンヒ

 サムスンライオンズ ユン・ソンファン

 ロッテジャイアンツ ソン・スンラク

 LGツインズ イム・チャンギュ

 KTウィズ チョン・ソンゴン

 NCダイノス ユ・ウォンサン

残り2球団では今年から2人の野手が1番を選んだ。その理由は何か?

ハンファイーグルスの遊撃手ハ・ジュソク(24)は今年、背番号を16から1に変えた。

「去年の成績が良くなかったので新たなスタートを切りたかった」

ハンファは昨季3位の好成績で11年ぶりにポストシーズン進出を果たしたが、ハ・ジュソクは打率2割5分4厘で前年の2割8分台から数字を下げる悔いの残る年だった。

心機一転、背番号を16から1に変えたハンファのハ・ジュソク(写真:ストライク・ゾーン)
心機一転、背番号を16から1に変えたハンファのハ・ジュソク(写真:ストライク・ゾーン)

内外野をこなせるKIAタイガースのチェ・ウォンジュン(21)は6から1への変更だ。

チェ・ウォンジュンは「高校時代にピッチャーで1番をつけていて、周りの人から1番が似合っていると言われた。自分でも好きな番号だし、(背番号1だった)シム・ドンソプ投手が入隊して空いたのでつけることにした」と話した。

チェ・ウォンジュンはプロ3年目の昨季、初めて100試合以上に出場。ベテラン野手がレギュラーを占めるチーム内で、数少ない若き主力選手として活躍を見せている。

投手出身らしく美しいフォームでホームに送球するチェ・ウォンジュン(写真:ストライク・ゾーン)
投手出身らしく美しいフォームでホームに送球するチェ・ウォンジュン(写真:ストライク・ゾーン)

ハ・ジュソクは「背番号1にはいいイメージがある」と言って、最初に思い浮かぶ選手に勢いよく、阪神の鳥谷敬(37)の名を挙げた。長らくショートで活躍し、今季再び定位置復帰を目指す鳥谷のことは、同じショートで右投げ左打ちのハ・ジュソクにとって憧れの存在だ。

ハ・ジュソクは他の背番号1の選手として山田哲人(東京ヤクルト)、現役時代のリュ・ジュンイル現LG監督の名を挙げた。韓国では投手が多数を占める背番号1だが、ハ・ジュソクにとっては名内野手の印象が強い。

特守を受けるハ・ジュソク(写真:ストライク・ゾーン)
特守を受けるハ・ジュソク(写真:ストライク・ゾーン)

ハ・ジュソクとチェ・ウォンジュンは2017年11月に行われた24歳以下を中心とした大会、アジアプロ野球チャンピオンシップで代表入りした間柄。しかしお互いが背番号を1に変えたことは知らなかったという。

ハンファとKIAはどちらも沖縄でキャンプを実施中で、両チームが今年初めて顔を合わせるのは2月28日の練習試合だ。

(関連記事:12球団のキャンプ日程が出揃う 韓国球団との練習試合は23試合

「自分の背中は見られないので似合っているのかわからない」と話すハ・ジュソク。KBOリーグに2人しかいない背番号1の野手は、その日お互いの背中を見て感想を交わすことになるだろう。

近年、世代交代がなかなか進まないと言われる韓国球界。プレミア12、東京オリンピックが近づく中、球界の未来を引っ張る20代のハ・ジュソクとチェ・ウォンジュンが代表チームの背番号1を争うような活躍を見せると、今季は一層熱いシーズンになるだろう。

※本記事は筆者がスポーツ朝鮮に韓国語で寄稿したコラムを、スポーツ朝鮮の承諾を得て日本語で加筆し再編集して執筆したものです。