今年40歳のジェントルマン安打王 2年契約でLGに残留<韓国KBOリーグ>

昨年6月、歴代安打記録を塗り替えたパク・ヨンテク(LG)(写真:LGツインズ)

LGツインズは20日、FA権行使を宣言していたパク・ヨンテク外野手(39)と再契約を結んだと発表しました。

契約期間は2年で年俸は現状維持の8億ウォン(約7,800万円)。2年間の年俸と契約金8億ウォン、オプション1億ウォンを合わせた総額は25億ウォン(約2億4,340万円)です。

2002年に高麗大からプロ入りして以来、LG一筋のパク・ヨンテクはプロ17年目となる昨季、大記録を打ち立てました。

6月23日、ロッテジャイアンツ戦の3打席目でこの日2本目となる二塁打をライトに放ち、通算2319本目のヒットを記録。ヤン・ジュンヒョク元選手が持つKBOリーグ歴代最多安打記録を塗り替えました。

記録達成の瞬間(映像:YTN NEWS)

記録達成時のチャムシル球場の電光掲示板(写真:LGツインズ)
記録達成時のチャムシル球場の電光掲示板(写真:LGツインズ)

パク・ヨンテクはプロ3年目の04年に打率3割を記録すると、09年には打率3割7分2厘で初の首位打者を獲得。以来、昨季まで10年連続打率3割をマークしています。

パク・ヨンテクがプロ入りした当時の韓国は右投げ左打ちが珍しく、パワー全盛で巨漢の打者が並ぶ時代。長い手足にスマートな体つき、俊足と巧打を兼ね備えた存在は新時代のプレーヤーとして注目されました。05年には43盗塁を記録し盗塁王も手にしています。

一方で守備面では肩が強い方ではないことから、代表入りは06年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のみ。同大会で韓国代表は準決勝で日本に敗れましたが、ベスト4進出による特例措置として兵役免除が適用され、パク・ヨンテクもその恩恵を受けています。

起用がレフトまたは指名打者に限定され、これまで数多くのライバルとのポジション争いがあったパク・ヨンテク。しかしその間努力を重ね、スリムだった体つきはぶれない屈強な肉体に。また確かな技術を築いてレギュラーの座を守り続けました。

パク・ヨンテクは以前、テレビのインタビューで影響を受けた選手として二人の名を挙げました。一人はチームの先輩のイ・ビョンギュ現LGコーチ(元中日)。もう一人が助っ人として08、09年にLGで活躍したロベルト・ペタジーニ内野手(元ソフトバンク)です。

2008、09年LGに在籍し、パク・ヨンテクに刺激を与えたロベルト・ペタジーニ(写真:ストライク・ゾーン)
2008、09年LGに在籍し、パク・ヨンテクに刺激を与えたロベルト・ペタジーニ(写真:ストライク・ゾーン)

パク・ヨンテクは当時、40歳間近だったペタジーニの技術、そして試合に取り組む真摯な姿勢に共感。今ではパク・ヨンテク自身がその年齢になり活躍を続けています。

昨季も7年連続150安打以上となる159本のヒットを放ったパク・ヨンテクは通算安打数を2384本に伸ばしました。

今回の2年契約で来年までは現役を続けることが確実となったパク・ヨンテク。実直な人柄とチームファーストのプレースタイルはこれからもファンを魅了し続けるでしょう。

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。