ノーヒットノーランより珍しい? 今年日韓で達成の「3者連続3球三振」

自身2度目の「3者連続3球三振」を記録したカン・ユング投手(写真:NCダイノス)

7月27日、巨人の山口俊投手が公式戦史上79人目、通算90度目のノーヒットノーランを達成しました。

ノーヒットノーランはとても偉大な記録ですが、それよりも珍しい投手の記録が今年、日本、韓国の両球界で達成されています。それは「1イニング3者連続3球三振」です。

日本では5月16日、福岡ソフトバンクのリバン・モイネロ投手が東北楽天戦でマーク。日本球界では18人目、19度目だそうです。

一方、韓国では7月18日、NCダイノスのカン・ユング投手がSK戦で達成。史上6度目の記録ですが、カン・ユング投手にとって3者連続3球三振は2012年4月11日のSK戦以来、これが2度目でした。

(映像:JTBC News)

9球の内訳は見逃し、見逃し、空振り(三振)。空振り、見逃し、空振り(三振)。空振り、ファール、空振り(三振)。

この珍しい記録達成についてカン・ユング投手は「特にすごいことをやったとは思わない」と涼しい顔。2度目の達成となった理由については「ストレートに球威があって、2ストライク後に空振りが取れてこそできるのではないか」と答えました。

この記録はカウント0-2と追い込んだ後に、捕手がボール球を要求すると達成できません。その点についてカン・ユング投手は「僕はキャッチャーが(ストライクゾーンから)外して構えるのが好きじゃない」と早いカウントで勝負することを望んでいて、その結果が3球三振につながっています。

またカン・ユング投手が3人続けて三振を奪ったのはノ・スグァン、ユン・ジョンウ、ジェイミー・ロマックというSKの1~3番打者でした。6年前は4~6番でいずれも下位打線が相手ではないところがカン・ユング投手の記録達成の価値を高めています。

カン・ユング投手は「(記録達成は)運が良かったんだと思う。今後同じような状況で3人目の打者がノーボール2ストライクの時は意識してしまってできないのではないか?」と話しました。

韓国プロ野球37年の歴史で6度、5投手しか達成していない1イニング3者連続3球三振。この痛快で貴重な記録を次はいつ、誰が成し遂げるでしょうか。

※本記事は筆者がスポーツ朝鮮に韓国語で寄稿したコラムを、スポーツ朝鮮の承諾を得て日本語で加筆し再編集して執筆したものです。

 本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。