2年連続3割30本のラフ、来季もサムスンでプレー<韓国KBOリーグ>

来季でサムスン3年目を迎えるダリン・ラフ内野手(写真提供:サムスンライオンズ)

サムスンライオンズは19日、今季、不動の4番打者として活躍したダリン・ラフ内野手(32)と来季の契約を結んだと発表しました。契約内容は総額170万ドル(約1億9,100万円。年俸130万ドル、インセンティブ30万ドル、サイニングボーナス10万ドル)です。

ラフ選手は韓国2年目の今季、打率3割3分、チームトップの33本塁打、125打点をマーク。2017年シーズンから2年続けて3割、30本、100打点を記録しています。

サムスンと再契約したラフ選手は「素敵なファンと同僚がいるテグ(大邱)とライオンズパークに戻ることができてとても嬉しい。来年は必ずライオンズパークでポストシーズンを戦いたい。シーズンオフの間、しっかりと体を作って春季キャンプに合流したい」と球団を通してコメントしました。

サムスン球団によると外国人選手が3年続けて同球団に在籍するのは、今回のラフ選手が初めて。サムスン在籍時の2014年に防御率1位、最多奪三振のタイトルを獲得したリック・バンデンハーク(福岡ソフトバンク)、また2016年に千葉ロッテでプレーしたヤマイコ・ナバーロのサムスンでの在籍はいずれも2シーズンでした。

韓国・KBOリーグの外国人枠は3人まで。登録枠すべてを投手、野手に使うことが出来ず、各球団、投手2名+野手1名で構成しています。サムスンは今季在籍したラフ選手以外の2投手(ティム・エーデルマン、リサルベルト・ボニーヤ)とは再契約せず、先月、ジャスティン・ヘイリー(27)、デック・マグワイア(29)両投手の獲得を発表しました。

2011年から4連覇を達成し黄金時代を築いたサムスンですが、近年は低迷。今季は2年連続9位から脱出するも6位でシーズンを終えています。常勝軍団復活を目指すサムスンは4番の残留が決まり、来季に向けて一歩前進しました。

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。