ラグビー日本代表、歴史的勝利の価値とは。

6月15日、日本代表が世界ランキング5位のウェールズ代表を破った。秩父宮ラグビー場(港区北青山)に集った観客は、ほぼ満員の2万1062人。通路にまで観客があふれた。正確な観客数の公表が行われ始めた2004年以降では、日本代表戦最多の観客数だった。野球やサッカーと比較すれば少なく感じるが、現在、競技人口が10万人程度で、地上波でのテレビ放送も少ないラグビーでは、喜ぶべき数字なのである。

今回、なぜ勝てたのかという質問に一言で答えるなら、「よく練習しているから」に尽きる。過去にこれほどよく練習する日本代表は見たことがない。エディー・ジョーンズヘッドコーチ言うところの「ハードワーク」が継続されることが、さらに日本代表を強くすると、実感する勝利だった。ウェールズ戦前までの日本代表の戦いぶりで気になったのは、相手の動きを見ながら判断して試合を運ぶことができていないことだった。それが必勝態勢で臨んだウェールズ戦ではできた。相手の防御システム、各選手のポジショニングを分析し、地域を獲得する効果的なキックを蹴り込み、相手陣に入るとボールをキープしながら我慢強く攻めた。スクラムの安定、ディフェンスの粘り強さ、そして、もちろん、第1テストマッチでは3本のプレースキックを外した五郎丸歩の完璧なプレースキックも勝因だろう。

ジョーンズHCが、「いいテストラグビーができた」と言ったのにはさまざまな意味が込められている。ラグビーでは国代表同士の戦いを「テストマッチ」と呼ぶ。代表選手には、国を代表する誇りを胸に死力を尽くして勝利を目指す責務がある。その強い気持ちを示したのが、立ち上がりすぐに起きた小競り合いだった。SH田中史朗が、相手反則で得たPKから速攻をしかけようとして相手選手に邪魔をされ、つっかかった。これを機に両チームの選手がジャージを掴み合う事態となった。褒められることではないが、テストマッチではしばしば、こうした「仕掛け」で戦う意欲を示すことがある。そして互いに一歩も引かずににらみ合う。お決まりのシーンと言ってもいい。

ただし、比較的おとなしい選手が多い日本代表が仕掛けるのは珍しい。記者会見で報道陣から、「田中と堀江というスーパーラグビー選手が入った影響は」と問われ、ジョーンズHCはまっさきに「田中が最初にファイトした。チームがひとつになった。あれは大きかった」とコメントした。田中の強気がチームを鼓舞し、廣瀬キャプテンが冷静沈着に判断しながらチームを引っ張った。いいバランスだった。

格闘技的要素の強いラグビーは、実力差が出やすく、番狂わせはなかなか起こらない。日本代表の格上相手の歴史的勝利と言えば、1968年のオールブラックスジュニア(23歳以下ニュージーランド代表)戦(NZ・ウェリントン)、1989年のスコットランド代表戦(秩父宮ラグビー場)のみ。1971年のイングランド代表戦(秩父宮ラグビー場)での3-6、1983年、ウェールズ代表との24-29(ウェールズ・カーディフ)はラグビー愛好家の記憶に刻まれる名勝負だが、いずれも、あと一歩で勝利を逃している。

世界のラグビーを統括するIRB(国際ラグビーボード)は、主要8カ国(ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、フランス、イングランド、ウェールズ、アイルランド、スコットランド)が軸になって運営されている。実力的には、アルゼンチン、イタリア、サモアなども肩を並べるところに来ているが、世界のラグビーを引っ張ってきた8カ国に勝つことは、全世界のラグビーマンの悲願だ。

ラグビーは長らくアマチュアの競技だった。IRBがプレーによる報酬を認めたのは、1995年である。ここから主要8カ国を軸にラグビーのプロ化が加速。いまだ完全なプロ化が実現していない日本が勝つのはますます難しくなっていた。つまり、ウェールズ戦勝利は、世界のプロ化以降、日本代表初の快挙になるわけだ。来日したウェールズ代表は次代を担う若手主体とはいえ、この勝利は、世界トップ10を狙う日本代表の強化を加速させる意味で、計り知れない価値がある。強豪国とのマッチメークがしやすくなり、この秋にアウェイで対戦するスコットランド代表もベストメンバーを組んでくるだろう。経験値は確実に上がる。

そして、何より、ラグビー関係者や熱心なファンが一致団結して集客に奔走し、花園ラグビー場、秩父宮ラグビー場を満員にして感動を共有できたこと、それに応える代表チームの頼もしさを実感できたことが大きい。今後の代表キャンペーンも、スムーズになるはずだ。

日本代表は、このあと、19日にカナダ代表(名古屋市・瑞穂ラグビー場)、23日にアメリカ代表(秩父宮ラグビー場)と、それぞれ中3日という異例のタイトな日程を組んでいる。すべては、2015年のラグビーワールドカップでの好成績を残すための準備である。2015年大会では、初戦の南アフリカ代表戦と2戦目のスコットランド代表戦が中3日しかない。そのあとにサモア代表と、いずれもフィジカルの強さでは世界トップクラスのチームとの連戦。これに耐える体を作る作業が行われる中で、今回のタフな日程がある。ウェールズ戦勝利の価値を高めるためにもカナダ戦、アメリカ戦の勝利が必要だが、もっと大事なことは、この2試合に全力で勝ちに行くことだ。もう二度とファンをがっかりさせてはいけないし、もし結果が出なくても、コンディショニングも含めて、2015年につながる材料を得なければいけない。

疲れているのは承知だが、日本代表選手がタフになったと実感できる2試合であってほしい。