日本の大学生はなぜ海外のインターンシップすら採用されないのか?

欧米のインターンにすら相手にされない日本人大学生

「森山さん。日本の大学生、海外のインターンに採用されないんですよ!」

先日、とあるインターン斡旋などをしている団体の人に話を聞きました。

世界中の学生と、世界中のインターン受け入れ企業をマッチングする団体の日本支部。

海外の学生が日本の企業にインターンをする「受入」は普通に採用されるのですが、日本の学生が海外の企業にインターンをする「採用」は全然成約しないのです。

これは、日本と欧米の大学および企業の教育方針の違いが大きいです。

日本の学生が行きたがる、欧米企業のインターンシップですが、日本人学生は、語学力、スキルが全く足りずほとんど採用されることはりません。

それは、欧米の大学、企業はこのようにスキルアップを求めているからです。

画像

まず、大学でプログラミングやマーケティング理論、語学などの仕事に役立つスキルを身につける。(青色部分)

その後、インターンシップでスキルを使った実務経験を積み、使いこなせるようにする。(赤色部分)

そして、入社後ある程度戦力になれるくらいのスキルと実務経験を持って就職し、その後もスキルアップをしていくのです。(紫部分)

これに対し、日本の学生が、大学で業務にすぐ役立つようなスキルをあまり身につけていません。語学力もほとんどの学生は使い物になりません。

これでは、欧米企業がインターン生に求めるスキルに遠く及びません。

画像

この大学レベルで身につけているスキルの違いにより、日本人学生は欧米のインターンシップに通らないのです。(ちなみに「アメリカの日系企業にインターンシップ!」といったツアーは結構あります)

では、欧米のインターンシップにすら採用されない日本の学生はなんで(日本企業には)就職できるのでしょうか?

それは、日本の会社が新入社員にスキルや語学を教えたり、実践経験を積む場を作ったりしてくれるからです。

つまり、日本の企業は、入社時に学生に求めるものが少ないのです。

画像

とはいえ、入社時に求めるレベルが低いと、有象無象がいっぱい入ってきてしまいます。企業はそんなに社員はいらないし、なによりそんなたくさんの社員を教育する予算もありません。(会社は学校じゃねえんだよ!)

そこで、入社の前にちょっと高いレベルのハードルを設けます。

画像

これが、就活です。(赤色部分)

このハードルは、実際の会社に入ってから役立つことも役立たないことも混在しています。

どっちにしろ、イチから教育をしなおす気なので、即戦力になるかはあまり焦点としていません。それであるが故に、笑点の大喜利のお題みたいのを出して、うまいこと言った人を採用する会社もあります。(「あなたを色に例えるとなんですか?」とか)

大喜利だけで選ぶのも手間がかかるので、この壁にエレベーターも付けてあります。それが「新卒カード」であり「学歴フィルタ」です。

画像

エレベータで途中まで登り、大喜利で得点を稼いで、就活の壁を乗り越えた人が、はれて採用になるわけです。

ちなみに、我々は、大学生に実務経験を積ませて、(大喜利の点が取れなくても)就活の壁を超えやすくしてや会社に入ってから即戦力になれるようなプログラムを運営しています。

画像

このように、実務と直結しないけど、現状の制度にあわせるために壁やらエレベーターをつくっているので、就活はいびつなモノになります。

そして、大学を卒業していない人や一社目の会社をすぐに辞めてしまった人は、エレベーターの搭乗券である「新卒カード」がもらえず、就活の壁を越えられないために、正社員への道が閉ざされてしまいます。

画像

これはあんまりじゃないかということで、最近某人材会社が作ったのが「第二新卒」。

大学出てすぐに就職したい人と、大学出て就職してすぐに辞めた人って実質的にそんなかわらなくね?だったらまた「新卒カード」あげて就活の壁超えさせて上げようよ。

という温情措置が「第二新卒」なわけです。

根本的な問題を解決させず、その場の問題をとりあえず解決する、実に日本的な手法です。

これで、大卒、大卒後の再チャレンジの人の就活の壁の超え方はできました。

しかし、大学を卒業していない人にはいまだ、就活の壁が立ちはだかります。(それ故に大学の学費が上がってもみんな大学に行きたがります)

そんななか、先日話を聞いたハッシャダイという会社は「第0新卒」という言葉を作り、大学に行けなかった人たちを支援しています。

野球で甲子園を目指していたけど怪我で断念した人

中学で喧嘩ばかりしてたけど何かで一番になりたい人

など、バイタリティはあるけど、今まで培ってきたモノと就活の壁で求められているモノが違いすぎてうまくいってない人たちはたくさんいます。

そこで、会社で働くのに必要なスキルを講義形式で教え、実際にインターンシップとして実務経験を積ませます。

画像

ヤンキーインターン」なんて、キャッチーな名前もついてます。

こうやって、エレベーターに乗れない人たちにも就活の壁を越えるスキルと実務経験を獲得させて就活の壁を越えられるようにする仕組みは非常に重要だと思います。

こうやって、いつでも再スタート可能であれば、絶望感はもうちょっと和らいでいきます。

そして、最終的には、大学でも、このような民間機関でも、いろいろなところにスキルと実務経験を積む機会がそろっており、きちんと階段を登っていくチャンスがだれにでもあるようにすることが大切なのです。

アメリカでも、ヨーロッパでも、日本でも、(アジアでも)それぞれに問題があり、うまく行っていないことはたくさんあります。

でも、この誰でもいつでも「スキルと経験をつける機会を持ち」「スキルと経験次第で働く機会を得られる」という原則から踏み外さないように制度設計をしていくと、多くの若者が希望をもって生きていけると思うのです。