ビッグディールの実現とは、ならなかった。

2021年夏の移籍市場が閉幕した。パリ・サンジェルマンのキリアン・エムバペを狙っていたレアル・マドリーだが、フランスのスタープレーヤーを確保するには至らなかった。

エムバペはパリSGとの契約を2022年夏までとしていた。契約期間が残り1年となったところで、パリSGとしては売り時だった。そこに目を付け、マドリーはエムバペの獲得に動いていた。

シュートを打つエムバペ
シュートを打つエムバペ写真:ムツ・カワモリ/アフロ

「私がエムバペを偉大な選手だと言ったとしても、それは事実だろう。しかしながら、レアル・マドリーにはすでに素晴らしい選手たちが揃っている。私は彼らがクオリティを示せるように、条件を整えなければならない」とは移籍市場が閉まる前のカルロ・アンチェロッティ監督の言葉である。

「エムバペが加入するかは分からない。何が起こるかに私は興味がない。素晴らしいメンバーが揃っており、すべての大会でタイトルを争う力がある。そう言える監督は決して多くない」

■毎年のように大型補強

パリSGは2011年にカタール投資庁の子会社にあたるQSI(カタール・スポーツ・インベストメンツ)に買収されて以降、大型補強を続けてきた。この10年で、およそ13億9100万ユーロ(約1808億円)を補強に投じている。

なかでも特筆すべきはネイマール(2017年夏加入/契約解除金2億2200万ユーロ/約286億円)とエムバペ(2017年夏加入/移籍金1億8000万ユーロ/約234億円)の獲得だった。

この2選手は、パリSGにとって、重要な存在だった。ナセル・アル・ケライフィ会長としては、2022年のカタール・ワールドカップに向け、フットボールを通じて国家のイメージアップを図りたかった。そのためには、スタープレーヤーをパリSGに集め、彼らが花の都で活躍する必要があったのだ。

この夏には、リオネル・メッシが契約上の問題でバルセロナを退団してフリーの身となった。千載一遇のチャンスをパリSGが逃すはずもなく、年俸3500万ユーロ(約45億円)という破格の待遇で世界最高の選手を引き入れた。かくして、メッシ、ネイマール、エムバペの3トップが形成される運びとなった。それも、ビッグプロジェクトの一環だった。

先日新天地でデビューしたメッシ
先日新天地でデビューしたメッシ写真:ロイター/アフロ

だがマドリーは虎視淡々と機会を窺っていた。

ラファエル・ヴァランを移籍金4000万ユーロ(約52億円)でマンチェスター・ユナイテッドに、マルティン・ウーデゴールを移籍金3500万ユーロ(約46億円)でアーセナルに売却した。セルヒオ・ラモスの放出でサラリーキャップの問題が生じないようにし、アルバロ・オドリオソラのレンタル移籍で選手登録枠をひとつ空けた。

マドリーはエムバペ獲得に際して移籍金1億6000万ユーロ(約208億円)で“第一オファー”を出した。パリから良い返答がもらえずにいると、すかさず移籍金1億7000万ユーロ(約221億円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億円)で“第二オファー”を出した。

最終的には、移籍市場が閉まる直前に、移籍金2億ユーロ(約260億円)で最後のオファーを提示したようだ。しかし、パリSGが応じることはなかった。エムバペの残留が決まった瞬間だった。

■エムバペの残留とプロジェクト進行

パリSGとしては、エムバペを繋ぎ止めることは、プロジェクトの進行をアピールすることでもあった。ここでエムバペを放出すれば、“お金を積めばスターを手放す”というイメージが、クラブに付着する結果になる。それはアル・ケライフィ会長としては避けたいところだった。

一方、マドリーは全力を尽くした。改めて国家クラブの強さを痛感する出来事ではあったものの、エムバペ獲得の本気度は伝わっただろう。そういう意味では、エムバペの移籍騒動は全くの無駄ではなかったと言える。

エムバペ抜きで2021−22シーズンを戦うマドリー
エムバペ抜きで2021−22シーズンを戦うマドリー写真:ロイター/アフロ

「君のプロフェッショナリズムに敬意を表するよ、ブラザー。未来に向けて、自分の夢を再編成する時だ。人生は美しい。君こそ、ベストだ」

移籍市場最終日にエムバペがインスタグラムでシェアしたメッセージである。数時間後、これは彼によって削除された。

メッシの獲得後、アル・ケライフィ会長は「これでエムバペに退団する理由はない」と言い切った。それでも、エムバペの移籍をめぐる報道は熱を帯びていった。

エムバペの移籍の意思は固かった。そして、なおも固い。それはパリSGの契約延長にサインしていない事実からも明らかである。このままなら、エムバペは来年の夏にフリーで移籍する。

マドリーは布石の一手を打った。その回収がどのようになされるかは、神のみぞ知るというところだ。