バルサにペドリが現れた必然。大胆不敵で「掴ませないプレー」と、広がる戦術のバリエーション。

ペドリとメッシ(写真:ロイター/アフロ)

今季、彼は彗星の如くバルセロナに現れた。

ここまでの活躍を、誰が予想できただろうか。ペドロ・ゴンサレス・ロペス。「ペドリ」の愛称で親しまれる若者は瞬く間にロナルド・クーマン監督の信頼を勝ち取り、バルセロナの中心選手になった。

新加入のペドリ
新加入のペドリ写真:ムツ・カワモリ/アフロ

「ペドリは常に頭を使ってプレーしている。トップアスリートのような身体能力は持ち合わせていない。だけど、ほかの選手よりも思考のスピードが速い。だからメッシと理解し合えているんだ」とはクレメント・ラングレの言葉だ。

そう、リオネル・メッシは探していた。この数年、パートナーを。2018年夏と2019年夏には、ネイマールの復帰報道が熱を帯びた。

メッシ自身、2019年10月にスペインのラジオ局『RAC1』で「クラブの補強担当に何かを言うつもりではなかった。僕が交渉していたわけではないから、本当のところは知らないんだ。ネイマールは突破力があり、違いをつくれる選手だ。世界最高峰のプレーヤーなので、スポーツ的側面から見れば、彼がいることでタイトル獲得の可能性は高まると思っていた」と認めている。

「MSN」と称されたメッシ、スアレス、ネイマールの3トップ
「MSN」と称されたメッシ、スアレス、ネイマールの3トップ写真:なかしまだいすけ/アフロ

「MSN」が解体されたのは2017年夏だ。契約解除金2億2200万ユーロ(約267億円)が支払われ、ネイマールがパリ・サンジェルマンに移籍。そして、2020年夏には、ルイス・スアレスがアトレティコ・マドリーに移籍した。

アルトゥーロ・ビダル、イバン・ラキティッチ、パウリーニョ、メッシのために働く選手たちは次々に去っていった。他ならぬメッシが、今季開幕前にバルセロナからの退団を検討していた。近年、真の意味でメッシの「相棒」と呼べるのは、ジョルディ・アルバのみだった。

■メッシの新たな相棒

だがバルセロナは手を拱(こまね)いていたわけではない。

2019年夏に、補強担当のラモン・プラネスに一本の電話が入る。着信元はロッコ・マイオリーノ、ラス・パルマスのスポーツディレクターだった。

興味深い選手がいると聞いたプラネスは、カナリア諸島に飛んだ。ペドリのプレーを実際に見たのち、育成部門のホセ・マリア・バケーロに連絡した。バケーロも加わって、プレシーズンマッチのベティス対ラス・パルマスの試合を視察した。そこで、ペドリの獲得が決定的となった。

バルトメウ前会長、ペドリ、プラネスSD
バルトメウ前会長、ペドリ、プラネスSD写真:ロイター/アフロ

誤解されがちだが、彼はラ・マシア(バルセロナの育成寮)出身選手ではない。

ペドリはテネリフェ島のテゲステで生まれ育った。「生まれる前からバルサファンだった」というペドリの言葉は決して大袈裟ではない。彼の祖父は1994年に地元テゲステにバルセロナのペーニャ(ファンクラブ)を設立している。その際には、当時の副会長ニコラウ・カサウスがペーニャ設立時に激励に訪問したといわれている。

2歳年上の兄フェルナンドの影響で、4歳でサッカーを始めた。街クラブのラグーナでプレーしていたジュニアユース時代から頭角を現し始める。ユース世代やシニア世代(プレフェレンテ/スペイン実質5部)で試合に出るようになった。14歳~15歳の選手が、シニアのカテゴリーでプレーする。その中で、彼の判断力は磨かれていった。

両親はBAR(バール)を経営していた。その影響か、兄フェルナンドは後に料理の勉強をスタートさせ、ペドリと一緒にバルセロナに移住して現在では弟の食事を管理している。

(全2458文字)

■大胆不敵な選手

謙虚で、物静かで、働き者。そんな風にパーソナリティーを評されるペドリだが、ピッチ上では大胆不敵に振る舞っている。

ーーindefinibleーー

ペドリの特徴を、一言で表すなら、これだ。「インデフィニブレ」。「掴めない」というニュアンスを含蓄するスペイン語である。

この記事は有料です。
誰かに話したくなるサッカー戦術分析のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

誰かに話したくなるサッカー戦術分析のバックナンバー2021年3月サンプル記事

森田泰史

価格

550(記事5本)

2021年3月号の有料記事一覧

すべて見る

リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    マスターズ2日目、「伸ばせなかった」ローズ、「伸ばし切れなかった」松山、彼らを苦しめた要因とは!?舩越園子4/10(土) 9:15
  2. 2
    T・ウッズ、事故後の2つの新事実。報じられた「思い込み」と「医薬品の空ボトル」舩越園子4/10(土) 0:14
  3. 3
    試合まで残すところ1日となった元IBFスーパーライト級王者林壮一4/10(土) 0:01
  4. 4
    ボクシング界の新星ジャパニーズタイソン佐々木尽「これからスターになる俺をみとけ」木村悠4/9(金) 7:00
  5. 5
    アマナキ・レレイ・マフィ今季初先発は必然? 第6節私的ベストフィフティーン【ラグビー雑記帳】向風見也4/10(土) 6:00
  6. 6
    元広島・ピレラ、1号決勝弾でチーム3連勝 アルモンテ(元中日)初アーチも3連敗<韓国KBOリーグ>室井昌也4/10(土) 20:27
  7. 7
    バルサとレアルの運命を決する「クラシコ」の行方は?メッシのラストマッチの可能性とジダンの「勝負強さ」森田泰史4/10(土) 7:30
  8. 8
    ヤンキースを退団した先発3投手中、田中将大は出遅れ。ジェームズ・パクストンは早くもシーズン終了!?宇根夏樹4/10(土) 10:41
  9. 9
    パドレスが球団初のノーヒッターを達成し「最もノーヒッターから遠ざかっている球団」はどこに!?宇根夏樹4/10(土) 15:16
  10. 10
    パラグアイに7-0。海外組が合流したなでしこジャパンの現在地、攻守は強豪国に通用するか松原渓4/10(土) 14:30