なぜレアルの「カンテラ出身選手」は強いのか?ジダンがL・バスケスに信頼を置く理由。

ベンゼマとL・バスケス(写真:ムツ・カワモリ/アフロ)

スペインは育成大国だといわれている。その中で、カンテラ(下部組織)は重要な役割を果たしてきた。

レアル・マドリーのカンテラ出身選手は強い。この夏、マドリーを去ったアクラフ・ハキミ(インテル)やセルヒオ・レギロン(トッテナム)は新天地で活躍している。

彼らだけではない。

アルバロ・モラタ(ユヴェントス)、マルコス・ジョレンテ(アトレティコ・マドリー)、マリオ・エルモソ(アトレティコ)、ダニ・パレホ(ビジャレアル)、デニス・チェリシェフ(バレンシア)、ロドリゴ・モレノ(リーズ)、ホセ・カジェホン(フィオレンティーナ)、マルコス・アロンソ(チェルシー)、フアン・マタ(マンチェスター・ユナイテッド)、パブロ・サラビア(パリ・サンジェルマン)といった選手たちが国内外で鎬を削っている。

筆者作成
筆者作成

■スペインの選手の特徴

現在のマドリーで、カンテラ出身選手としてはダニ・カルバハル、ナチョ・フェルナンデス、カゼミーロ、マリアーノ・ディアス、フェデリコ・バルベルデ、ルーカス・バスケスが在籍している。

なかでも、ジネディーヌ・ジダン監督が信頼を置いているのはL・バスケスだろう。ジダン監督に限らず、サンティアゴ・ソラーリ前監督も彼を重宝していた。「ルーカスには、ある特徴がある。私がスペインの選手を見る時に最も評価しているポイントで、それはつまり競争的かつ勇敢であるということだ」とはソラーリ前監督の弁である。

競争的で勇敢。だがL・バスケスが歩んだ道のりは平坦ではなかった。同世代には、モラタ、チェリシェフ、サラビア、ファビーニョ、ヘセ・ロドリゲスがいた。

カスティージャ(Bチーム)でL・バスケスを指導したアルベルト・トリル監督は「最初は不安定だった。ファビーニョ、ヘセ、チェリシェフの方が彼より成熟した選手だった。だがカンテラでは時機を待つというのを知らなければいけない。彼はそれが分かっていた」と語っている。

ユヴェントスでプレーするモラタ
ユヴェントスでプレーするモラタ写真:ロイター/アフロ

■売却の方針

マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はビジネスマンである。

良い選手であろうと、マドリディスタに愛されていようとも、タイミングが合えば高値で売る。それがペレス会長のやり方だ。

先述したアクラフ(移籍金4000万ユーロ/約48億円)とレギロン(移籍金3000万ユーロ/約36億円)を含め、多くのカンテラーノに高額な移籍金が発生している。

筆頭はモラタだ。2014年夏に移籍金2200万ユーロ(約26億円)でユヴェントスに放出され、一度買い戻されたのち、2016年の夏に移籍金6600万ユーロ(約79億円)でチェルシーに売却された。そしてジョレンテ(移籍金3000万ユーロ/アトレティコ)、ヘセ(移籍金2500万ユーロ/パリ・サンジェルマン)がランキングのトップ5に入る。

2009年に第二次ペレス政権が発足してから、30名以上のカンテラーノが売却された。競争的で勇敢である選手を欲するクラブは後を絶たず、マドリーには逞しい選手が集まってきている。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    前・阪神のボーアと契約したジャイアンツの「一塁手事情」宇根夏樹3/6(土) 7:33
  2. 2
    パドレス・加藤豪将が決勝の2点適時打。今春5打点は「367億円男」を抜き、チームトップ!三尾圭3/7(日) 14:46
  3. 3
    新たな二刀流起用法を打ち出したジョー・マドン監督が示した大谷翔平への“観る” “話す” “聞く”姿勢菊地慶剛3/7(日) 10:47
  4. 4
    最長はJリーグより大きい203cmFW…韓国Kリーグの最長・最短・最重量選手を調べてみた!!慎武宏3/7(日) 7:10
  5. 5
    実現、元メジャー同僚対決!ソフトバンク和田と阪神チェンが10年ぶりに投げ合う田尻耕太郎3/7(日) 7:25
  6. 6
    幸英明騎手はなぜ記念撮影に常に納まるのか? その理由を本人が語る平松さとし3/6(土) 4:55
  7. 7
    控え選手が魂を見せたNBAオールスターブレイク前の熱戦林壮一3/7(日) 0:01
  8. 8
    なぜリヴァプールは不振に陥っているのか?サラー、マネ、フィルミーノの得点力ダウンとクロップの悩みの種森田泰史3/6(土) 11:23
  9. 9
    日テレ・東京ヴェルディベレーザは再び黄金のサイクルを作れるか。機動力溢れるサッカーでWEリーグに挑む松原渓3/6(土) 9:00
  10. 10
    「アリゾナだから気にするな」メジャーの洗礼を浴びた有原航平投手が今本当にやるべきこと上原浩治3/6(土) 11:00