バルサとレアルのスペイン「2強時代」は終焉か?現在のレアル・ソシエダを見逃すな。

ソシエダに加入したD・シルバ(写真:ムツ・カワモリ/アフロ)

久しぶりに、リーガエスパニョーラが面白い展開になっている。

リーガエスパニョーラ第11節終了時点で、首位を走るのはレアル・ソシエダだ。ソシエダ(11試合消化/勝ち点24)、アトレティコ・マドリー(9試合消化/勝ち点23)、ビジャレアル(11試合消化/勝ち点20)、レアル・マドリー(10試合消化/勝ち点17)が上位を争っている状況だ。

■創造性の担保

ソシエダは今夏、ダビド・シルバを獲得した。D・シルバは昨季限りでマンチェスター・シティとの契約が満了してフリーになっていた。ラツィオから強い関心を示されていたD・シルバだが、最終的にはソシエダ移籍を決断している。

ソシエダの布陣/筆者作成
ソシエダの布陣/筆者作成

2019-20シーズン、ソシエダの中心にいたのはマルティン・ウーデゴールだった。【4-3-3】の右インサイドハーフに入り、彼がソシエダの攻撃を操っていた。カンテラ(下部組織)出身選手を重宝するイマノル・アルグアシル監督にとってウーデゴールは貴重な存在だった。規律を重視するバスクで、敢闘精神を持ったファイターは生まれてくる。だがウーデゴールのように創造性を担保してくれる選手は稀有なのだ。

そのウーデゴールの代わりに、D・シルバが加入した。そして、D・シルバはウーデゴールに優るとも劣らない活躍を見せている。今季、リーガで9試合1得点2アシスト。ゴール関与率は13%と数字の上では決して秀でているわけではない。

だがD・シルバが操るソシエダの攻撃はバリエーションに富んでいる。フリーランが巧みなクリスティアン・ポルトゥとミケル・オジャルサバルを両翼に携え、【4-3-3】から可変式に【4-2-3-1】になり、トップ下の位置にD・シルバが現れる。かつて、マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は「ライン間のプレーにおいてシルバ以上の選手はいない」と語っていた。そのプレーを、D・シルバはソシエダで(如何なく)披露している。

各クラブのカンテラーノの人数/筆者作成
各クラブのカンテラーノの人数/筆者作成

■カンテラーノ

先に触れたように、イマノル監督はカンテラーノを重宝している。

今季序盤戦においてソシエダはリーガで最多のカンテラーノ数を誇った。16名のカンテラーノが、トップチームに絡んできている。アスレティック(15名)、バルセロナ(8名)、セルタ(8名)、ビジャレアル(8名)に優る数字だ。リーガ第8節セルタ戦では、実に11名のカンテラーノがピッチに立った。

それはクラブの方針とも合致している。2009年の1部復帰後、ソシエダで32人のカンテラーノがトップデビューしている。また、興味深いのはレンタルバックの活用だ。この夏、グリディ、バウティスタ、サニャン、アレックス・ソラたちがレンタルバックで復帰。グリディ、バウティスタ、サニャンはすでに出場機会を得ている。新型コロナウィルスによる経済的打撃への対策の一環となった。

オジャルサバル、アンデル・ゲバラ、アイエン・ムニョス、アンデル・バレネチェア、マルティン・スビメンディ、マルティン・メルケランス、ロベルト・ナバーロ、ヨン・バウティスタ、ロバン・ル・ノルマン、アリツ・エルストンド、イゴール・スベルディア、ホセバ・サルドゥア、アシエル・イジャラメンディ、アレックス・ソラ、ヨン・グリディ、アンドニ・ゴロサベル...。彼らがソシエダの未来であり希望なのである。

2002-03シーズン、ソシエダはリーガ制覇にあと一歩まで迫った。優勝したレアル・マドリー(勝ち点78)と2位ソシエダ(勝ち点76)の差は僅かだった。

今季、2013-14シーズン(優勝者アトレティコ・マドリー)以来の2強以外のチャンピオンの誕生に期待する人は少なくないかも知れない。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    昇格のキーマンになりうる!2021シーズンの唸らせ補強セブン(+α)J2編河治良幸1/23(土) 7:24
  2. 2
    落合博満のバッティング指導とは【落合博満の視点vol.20】横尾弘一1/23(土) 0:30
  3. 3
    【Jリーグ】重要なピースになる期待大。2021シーズンのJ1唸らせ補強セブン河治良幸1/22(金) 11:10
  4. 4
    各球団最後の「15勝投手」と「20勝投手」。最も長く途絶えているのは、どちらも同じ球団宇根夏樹1/20(水) 7:05
  5. 5
    「大きいだけ」だった少女が見せた成長と進化。泣いて、嘆きながら重ねた女子バレー島村春世の230試合。田中夕子1/22(金) 17:00
  6. 6
    センバツ出場校直前予想! 関東・東京、近畿など、多数が難航か?森本栄浩1/22(金) 6:00
  7. 7
    メッシの一段上がる「ギア」にペドリとデ・ヨングの存在感。解決策を探し求め続けるバルセロナ。森田泰史1/23(土) 16:01
  8. 8
    ここまで契約合意した先発投手から考える今オフの田中将大の市場価値菊地慶剛1/22(金) 10:23
  9. 9
    【落合博満の視点vol.19】神聖なる制服・ユニフォームはそれでいいのか横尾弘一2020/12/28(月) 0:30
  10. 10
    【ホークス育成新人File】3位・桑原秀侍は投手でプロ入りも、スカウトは「二刀流」でも評価田尻耕太郎1/23(土) 9:55