ペップ・チームの潤滑油。セイドゥ・ケイタに与えられた「コモディン」の役割を思い起こして。

バルセロナでプレーしたケイタ(写真:アフロ)

「コモディン」という言葉が、ある。

これはスペイン語だ。フットボールの世界で度々使われる。辞書を引くと、(1)《トランプ》ジョーカー(2)なんにでも役立つもの(3)都合のよい口実(4)ワイルドカードという4つの意味が載せられている。

つまりは、使い勝手の良い選手だ。オシムJAPANの時代に「ポリバレント」という言葉が流布したが、それに近いかも知れない。

そして、強いチームには、必ずこういう選手がいる。「ペップ・チーム」と称されるジョゼップ・グアルディオラ監督が率いたバルセロナにも、そういうタイプのプレーヤーが存在した。

セイドゥ・ケイタである。

筆者作成
筆者作成

(全2173文字)

この記事は有料です。
誰かに話したくなるサッカー戦術分析の定期購読をお申し込みください。

定期購読のお申し込み

サービス名

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事

森田泰史

価格

月額550円(初月無料)

月3回程度

リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    すでに“日本一”決定という名目は形骸化?! リーグ格差を解消するための日本シリーズ改革案菊地慶剛11/26(木) 11:34
  2. 2
    マイク・タイソンvsロイ・ジョーンズはなぜ今週末に激突?試合形式はどうなる?三浦勝夫11/26(木) 16:57
  3. 3
    5日のタイトルマッチまで、あと僅か。WBC/IBFウエルター級チャンピオンの談話林壮一11/26(木) 0:01
  4. 4
    ルメール騎手と国枝調教師、ジャパンCがラストランとなるアーモンドアイを語る平松さとし11/26(木) 6:30
  5. 5
    他FA投手の契約合意で徐々に見えてきた今オフにおける田中将大の市場価値菊地慶剛11/25(水) 12:31
  6. 6
    石井慧が出場した総合格闘技リーグの優勝者が賞金1億円全額を貧困層への食料配給に使う三尾圭11/25(水) 16:46
  7. 7
    2年続けて「4勝0敗の日本シリーズ優勝」は福岡ソフトバンクが史上初。ワールドシリーズで達成したのは…宇根夏樹11/26(木) 11:14
  8. 8
    【SUPER GT】コンドーレーシングの逃げ切り、王座獲得なるか?GT300最終戦プレビュー辻野ヒロシ11/26(木) 11:00
  9. 9
    バルサが逃した「267億円の男」 フィーゴ・ショックを思い起こさせるネイマールの移籍と負の連鎖森田泰史11/26(木) 7:30
  10. 10
    5連敗 抜け出せぬ泥沼感なき泥沼/レノファ山口上田真之介11/26(木) 14:04