なぜ久保建英はリーガの試合で「消えて」しまったのか?エメリ・ビジャレアルでの「立ち位置」とは。

ビジャレアルでプレーする久保(写真:ムツ・カワモリ/アフロ)

思うようには、いかないものだ。

久保建英がヨーロッパリーグで大活躍した。それは数日前の出来事だ。

だが先発のチャンスを得たリーガエスパニョーラでは不発に終わった。得点とアシストがなかっただけではなく、久保が「消えて」いたのは明らかだった。

現在、危惧されるのは「久保は良いがチームが悪い」という論調になることだ。それでは本質を見誤る。サッカーはチームスポーツだ。そこを起点に議論が展開されるべきである。久保に関しては、どうしても彼の個人のパフォーマンスに焦点が当てられる傾向がある。久保が起用されなければ、あるいは良いプレーをしなければ、監督やチームメートが批判される。だが、そんなことが許されてはならない。

別に久保を批判したいわけではない。ウナイ・エメリ監督を擁護したいわけでもない。「良いものは良い」「悪いものは悪い」と言えるかどうかが重要なのだ。

■ヨーロッパリーグでの活躍

さて。本題に入る。まずはヨーロッパリーグ(EL)の試合だ。

ヨーロッパリーグ・グループステージ第1節ビジャレアル対シバススポルの一戦で、久保は輝きを放った。

その試合の久保は良かった。久保はシバススポル戦で【4-2-3-1】のトップ下に入り、攻撃の全権を担うように、躍動する。

スタメン起用された久保
スタメン起用された久保

【4-1-4-1】を敷いていたシバススポルは、お世辞にも守備のオーガナイズが整ったチームとは言えず、アンカー脇のスペースをまったくカバーできていなかった。

4-2-3-1と4-3-3の可変
4-2-3-1と4-3-3の可変

そして、ビジャレアルは【4-2-3-1】と【4-3-3】の可変の形で試合を進めて行く。この恩恵が久保にもたらされた。フランシス・コクラン、マヌ・トリゲロス、久保が流動的にポジションを入れ替えながらボールを受ける。相手はプレスの的を絞れず、マークにもズレが生じた。これにより久保は最も得意とするハーフスペースでパスを受け、前向きな状態でボールを保持するということが可能になった。

アンカー脇のスペース
アンカー脇のスペース

また、久保は「サイドフロー」で度々フリーになっていた。右インサイドハーフから、右サイドに流れて、スペースを巧みに使っていた。

この記事は有料です。
誰かに話したくなるサッカー戦術分析のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

誰かに話したくなるサッカー戦術分析のバックナンバー2020年10月サンプル記事

森田泰史

価格

550(記事8本)

2020年10月号の有料記事一覧

すべて見る

リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    宣言したら裏切者…はおかしい! プロ野球のFAに「宣言」は必要なのか?上原浩治12/3(木) 11:11
  2. 2
    3冠馬3頭が激突したJCのレース直後、ルメールがスタンドを見上げた理由とは……平松さとし12/3(木) 5:00
  3. 3
    各球団トップの投手たち。パ3球団の「最多勝」は一桁。規定投球回未満ながら目を惹くのは…宇根夏樹12/3(木) 7:00
  4. 4
    プロ多数輩出の興国高校サッカー部、「J2狙い」の理由と背景平野貴也1/30(木) 7:00
  5. 5
    TATTOOを好むボクサーたち林壮一12/3(木) 0:01
  6. 6
    コロナ禍の中、来日してくれた白い馬の陣営に、今回のジャパンCについて伺った平松さとし12/2(水) 5:00
  7. 7
    もし左利きの久保建英が移籍していたら――。リーガ首位を走るレアル・ソシエダ、伝統の厚み小宮良之12/3(木) 11:30
  8. 8
    レアルがC・ロナウドの代役に投じた「384億円」の行方と、ジダンに思い出の地で突き付けられた現実。森田泰史12/3(木) 7:30
  9. 9
    ”アタッキングフットボール”でアジア王者を目指す横浜F・マリノスは悪化するピッチにどう挑んでいくか。河治良幸12/3(木) 10:53
  10. 10
    B1初昇格の信州ブレイブウォリアーズが今シーズンの台風の目になりそうな確かな予感菊地慶剛12/3(木) 15:36