クラシコで「勝負強さ」を見せたレアル・マドリー。「レジスタ化」するメッシを止めるためのジダンの策。

ドリブルするメッシと守るセルヒオ・ラモス(写真:ロイター/アフロ)

今季初のクラシコの勝敗が、決した。

現地時間24日にリーガエスパニョーラ第7節のバルセロナ対レアル・マドリーの一戦が行われ、バルセロナの本拠地カンプ・ノウでマドリーが3-1と勝利した。245試合目のクラシコで、マドリーは通算成績を97勝52分け96敗としている。

この試合でVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の是非を論じるのは簡単だろう。だが勝利と敗北には理由がある。マドリーは勝利するべくして勝利し、バルセロナは敗れるべくして敗れたのだ。

バルセロナとレアル・マドリーのスタメン/筆者作成
バルセロナとレアル・マドリーのスタメン/筆者作成

バルセロナはアントワーヌ・グリーズマンとセルジ・ロベルトがスタメンから外れた。ペドリとセルジーニョ・デストが先発起用され、ロナルド・クーマン監督に右サイドの制圧を任された。

今季から【4-2-3-1】を使用しているバルセロナだが、クラシコでは守備時【4-4-2】になる戦い方を選んだ。この選択の狙いは2つだ。ひとつは、リオネル・メッシの守備負担の軽減。もうひとつは、マドリーのビルドアップ封じである。

■クロース潰し

とりわけ、トニ・クロースに対するプレッシングだ。バルセロナは2トップの一角に入ったアンス・ファティがプレスの先鋒になる。ファティがセルヒオ・ラモスとクロースのラインを消すようにプレスを行い、また場合によってはダブルボランチの一人であるセルヒオ・ブスケッツがクロースにプレスを掛けた。

マドリーはフェデリコ・バルベルデ、クロース、カゼミーロで中盤を形成してきた。ルカ・モドリッチのいない状況でクロースが担う役割は大きかった。センターバックとサイドバックの間に落ちる得意な形で、クロースが後方からの球出しを円滑にしようとした。これをファティが潰すことで、マドリーのプレーリズムを破壊するのがクーマン監督の目的だった。

バルサの可変式4-4-2・ファティとメッシの縦関係/筆者作成
バルサの可変式4-4-2・ファティとメッシの縦関係/筆者作成

そして、もう一点、注目は「メッシのレジスタ化」だった。

今季クーマン監督の下で新たなポジションを与えられているメッシだが、得点数が減っている。クラシコ前の段階のリーガ直近3試合で0得点0アシスト。リーガの3試合でまったく得点に関わらないのは2014年1月以来のことだ。また、リーガ開幕から4試合1得点は2005-06シーズン以来のワーストの数字である。

■ピッチの中央に君臨したメッシ

ただ、近年メッシのアシストは増えている。2019-20シーズン、メッシはリーガで21アシストを記録。2008-09シーズンのシャビ・エルナンデスの20アシストを上回るアシスト数を記録した。メッシの「レジスタ化」が進むなかで、クーマン監督の敷いた布陣は彼に恩恵をもたらした。時折、【2-3-4-1】の形を採るバルセロナで、メッシはまさにピッチの中央に君臨していた。

時間の経過と共に、バルセロナはボール保持率を高め、メッシとファティが縦関係になっていく。ファティのゼロトップ、メッシのトップ下になる。ポゼッション率(バルセロナ52%/マドリー48本)、パス本数(バルセロナ528本/マドリー473本)と主導権を握っていたのはバルセロナだった。

メッシのレジスタ化/筆者作成
メッシのレジスタ化/筆者作成

対して、マドリーは守備を重視していた。

マドリーが昨季のリーガで優勝した大きな要因は守備力にあった。38試合25失点とリーガトップの数字を誇った。また、19試合を無失点で終え、1986ー87シーズンと1987-88シーズンのクラブ記録に並んだ。

■バルベルデの起用とS・ラモスの存在感

特筆すべきはバルベルデの起用だろう。前線からのプレッシングと、バルセロナの攻撃起点である左サイド(ジョルディ・アルバーデ・ヨングーファティーメッシ)を無効化するために、右インサイドハーフにバルベルデで配置された。加えて、この試合では負傷で交代を強いられたナチョ・フェルナンデスの代わりに入ったルーカス・バスケスが好パフォーマンスを見せ、右サイドの強化に助力した。

また、攻撃面においてもバルベルデの起用は当たった。2列目の飛び出しで、バルセロナ守備陣を翻弄した。しかしながら勝負を決めたのはセットプレーだ。VARの介入は物議を醸した。だがクロースの正確なプレースキックでゴール前で「何かを起こす」のは、守備を念頭に置いていたジダン監督のプラン通りだったはずだ。

そして、PKで決勝点を挙げたS・ラモスの存在感は圧倒的だった。ビッグマッチにおいて、S・ラモスはマドリーに必要不可欠な選手になっている。マドリディスモを体現する彼のリーダーシップなくして、現在のレアル・マドリーは成り立たない。

カディス戦とシャフタール・ドネツク戦の連敗で、指揮官の解任の可能性さえ浮上していた。だがジダン監督は勝負強さを見せ、カンプ・ノウのクラシコ6試合で3勝3分けと無敗を貫いている。マドリディスタに歓喜が届けられ、ジダン・マドリーの航海は続く。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    宣言したら裏切者…はおかしい! プロ野球のFAに「宣言」は必要なのか?上原浩治12/3(木) 11:11
  2. 2
    3冠馬3頭が激突したJCのレース直後、ルメールがスタンドを見上げた理由とは……平松さとし12/3(木) 5:00
  3. 3
    各球団トップの投手たち。パ3球団の「最多勝」は一桁。規定投球回未満ながら目を惹くのは…宇根夏樹12/3(木) 7:00
  4. 4
    プロ多数輩出の興国高校サッカー部、「J2狙い」の理由と背景平野貴也1/30(木) 7:00
  5. 5
    TATTOOを好むボクサーたち林壮一12/3(木) 0:01
  6. 6
    コロナ禍の中、来日してくれた白い馬の陣営に、今回のジャパンCについて伺った平松さとし12/2(水) 5:00
  7. 7
    もし左利きの久保建英が移籍していたら――。リーガ首位を走るレアル・ソシエダ、伝統の厚み小宮良之12/3(木) 11:30
  8. 8
    レアルがC・ロナウドの代役に投じた「384億円」の行方と、ジダンに思い出の地で突き付けられた現実。森田泰史12/3(木) 7:30
  9. 9
    ”アタッキングフットボール”でアジア王者を目指す横浜F・マリノスは悪化するピッチにどう挑んでいくか。河治良幸12/3(木) 10:53
  10. 10
    B1初昇格の信州ブレイブウォリアーズが今シーズンの台風の目になりそうな確かな予感菊地慶剛12/3(木) 15:36