バルサとレアル・マドリーの運命を決する「クラシコ」に?メッシの爆発とジダンの解任の可能性。

競り合うメッシとバルベルデ(写真:なかしまだいすけ/アフロ)

「世界が止まる一戦」が、行われる。

リーガエスパニョーラ第7節で、バルセロナとレアル・マドリーが対戦する。バルセロナの本拠地カンプ・ノウで開催される試合が、今季のラ・リーガの趨勢に影響を及ぼすのは間違いないだろう。

■ジダンの解任の可能性

厳しい状況に立たされているのは、マドリーだ。リーガエスパニョーラ第6節でカディスに、チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節でシャフタール・ドネツクに敗れ、連敗を喫した。ジネディーヌ・ジダン監督の続投について、2万9232票が集まったスペイン『マルカ』のアンケートでは、59%が「クラシコの結果次第」だと答えている。

今季、マドリーは負傷者が続出している。エデン・アザール、ダニ・カルバハル、マルティン・ウーデゴール、セルヒオ・ラモスといった選手が次々に負傷離脱した。とりわけ、ジダン監督の痛手となっているのがカルバハルの不在である。

カルバハルは昨季、8アシストを記録した。それはチーム3番目の数字だった。守備面においても、ロドリゴ・ゴエス、マルコ・アセンシオ、ルーカス・バスケス、フェデリコ・バルベルデと右ウィングに多くの選手が起用される中で安定感を保っていた。

この夏、アクラフ・ハキミをインテルに売却したマドリーにとって、カルバハルの長期離脱は想定外だったはずだ。ジダン監督はフランス代表に倣いフェラン・メンディを右サイドバックに据えるという策を講じたが、これが当初からのプランであればセルヒオ・レギロンをトッテナムに放出するべきではなかった。

そして、この夏のマドリーの補強はゼロだった。サンティアゴ・ベルナベウの改修工事で資金を蓄えておく必要があったとはいえ、このシーズン序盤の戦績ではマドリディスタの不満が募るのは当然だろう。守備力だけではなく、現在のチーム内得点王がヴィニシウス・ジュニオール(3得点)だという事実に顧みれば、マドリーの攻撃力が不足しているのは明らかだ。

■揺れるバルセロナと再建

一方のバルセロナはクラブ内のゴタゴタが続いている。

リオネル・メッシの退団騒動後、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長と現理事会をめぐる「※mocion de censura/モシオン・デ・センスラ」と呼ばれる不信任動議への動きが活発化した。署名活動の結果、必要数1万6521名を超える署名が集まり、11月中に現体制の進退を問うソシオ投票が行われる見込みだ。加えて、現在、選手たちの30%のサラリーカットを望むクラブが彼らと対立している。

そのような中で、ロナルド・クーマン監督はチームをよく立て直したと言える。今季開幕の段階で状況はマドリーより悪かった。アシスタントコーチのアルフレッド・スロイデル、ヘンリク・ラーションと協働してオランダ人指揮官は選手たちをうまくマネジメントしている。

これまでのクラシコ、そして今季のバルセロナにおいて、大きな違いはルイス・スアレスの在/不在だろう。スアレスは過去クラシコで16試合11得点。欧州の舞台、特にアウェー戦で得点がなく批判を浴びていたスアレスだが、彼の決定力は本物だった。

対して、メッシはクラシコで440分間ノーゴールが続いている。最後に得点をマークしたのは2018年5月6日だ。ただ、それ以前を含めれば43試合で26得点を記録している。口火を切れば、再びネットを揺らす日々が訪れるだろう。

今季、クーマン監督はバルセロナの布陣を【4-3-3】から【4-2-3-1】に変更している。メッシはファルソ・ヌエベ(偽背番号9/ゼロトップ)に置かれ、守備の負担が軽減された。メッシとスアレスの「前残り問題」は自然と解消され、バルセロナは前線からの連動したプレッシングで組織的なフットボールを披露している。

また、クラシコではアンス・ファティ、ペドリ、フランシスコ・トリンカオといった若い選手が鍵を握るかも知れない。とりわけ、アンス・ファティには注目だ。トップデビュー以降、38試合12得点で、139分毎に1得点を挙げてきた。今季は5試合4得点(73分毎に1得点)でチーム内得点王になっており、勢いに乗っている。

連敗中のマドリーと、立て直してきているバルセロナ。だがクラシコでは、予想を超える結末が待っているものだ。マドリディスタとバルセロニスタが手に汗を握る展開と、遠隔から見守る観衆が満足するようなスペクタクルを期待したい。

※2つ目のoの上にアクセント

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    宣言したら裏切者…はおかしい! プロ野球のFAに「宣言」は必要なのか?上原浩治12/3(木) 11:11
  2. 2
    2019年のオールスター選手や打点製造機も。日本球界入りも可能なメジャー球団から放出された大物外野手三尾圭12/4(金) 12:16
  3. 3
    大怪我による1年の療養から復帰するジョッキーが妻に誓うこととは……平松さとし12/4(金) 5:00
  4. 4
    中国人選手の危険なタックルは許されるのか?マラドーナが足を折られた時代小宮良之12/4(金) 11:30
  5. 5
    「規定投球回未満で最多勝」は石川柊太が3人目。「最多勝3人」と「チームメイトが最多勝」はともに4度目宇根夏樹12/4(金) 12:04
  6. 6
    大谷に朗報。エンゼルスが『シンバ』の代役として獲得したのは今季の『裏首位打者』三尾圭12/4(金) 17:56
  7. 7
    巨人・阿部慎之助2軍監督を支えるヘッドコーチに韓国の元監督 Gコーチ当時の愛弟子が語った思い出室井昌也12/4(金) 7:30
  8. 8
    レアルはジダンを解任するのか?「127億円」減のクラブの懐事情と挙がるポチェッティーノの名。森田泰史12/4(金) 7:30
  9. 9
    エンジェルスは遊撃をグレードアップせず!? 名手の後任に獲得したのは…宇根夏樹12/4(金) 15:52
  10. 10
    「イブラと世界が知るミラン」復活へ? 10年ぶりセリエA優勝が可能な5つの理由中村大晃12/4(金) 11:11