3トップの功罪。ラウタロ加入の可能性と、求められるバルサのアップデート。

得点を喜ぶメッシとスアレス(写真:なかしまだいすけ/アフロ)

新型コロナウィルスの影響で一時中断していたリーガエスパニョーラだが、現在再開に向けて動き始めている。

その期間に、世間を賑わせていたクラブがある。バルセロナだ。ラウタロ・マルティネス、ミラレム・ピャニッチ、ネイマールと連日のように大物選手の名前がメディアで踊った。

バルセロナが最も獲得を望んでいる選手はラウタロだろう。ただ、契約解除金1億1100万ユーロ(約127億円)を支払うのはクラブ財政により非常に難しい状況だ。そのため、アルトゥーロ・ビダル、ネルソン・セメドらをトレード要員にして、移籍金の引き下げを企ている。

次点が、ピャニッチだ。バルセロナ側はジャン=クレール・トディボを譲渡し、ピャニッチとマッティア・デ・シリオの2選手をユヴェントスから引き抜こうとしている。

この記事は有料です。
誰かに話したくなるサッカー戦術分析のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

誰かに話したくなるサッカー戦術分析のバックナンバー2020年5月サンプル記事

森田泰史

価格

550(記事4本)

2020年5月号の有料記事一覧

すべて見る

リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    落合博満のホームラン論その2「三冠王獲りに駆り立てたのはブーマー・ウェルズの存在」横尾弘一6/2(火) 12:00
  2. 2
    ダービー2勝目のベテランと初騎乗を果たした若い騎手。それぞれのダービー平松さとし6/2(火) 6:31
  3. 3
    打率2位と3位の選手たち。複数のシーズンでトップ3に入りながら一度も「首位打者」になれなかったのは宇根夏樹6/2(火) 7:00
  4. 4
    元コンサドーレ札幌GKク・ソンユンの大邱FC移籍の本当の理由 札幌に戻る可能性はあるのか?金明昱6/2(火) 7:00
  5. 5
    落合博満のホームラン論その1「全打席でバックスクリーンだけを狙っていた」横尾弘一6/1(月) 12:00
  6. 6
    アザール、ベンゼマ、アセンシオ…レアル・マドリーの新たな3トップは機能するか。森田泰史6/2(火) 7:31
  7. 7
    『シアターの女神』であり、勝利の女神でもあった「まゆゆ」 渡辺麻友と高校スポーツ三尾圭6/2(火) 13:48
  8. 8
    自粛中も一体感は健在。C大阪堺レディース、なでしこリーグ1部再挑戦に向けオンラインの取り組みも光る松原渓6/2(火) 8:00
  9. 9
    白人警官に殺された黒人ラッパーの親友、元NBA王者のスティーブン・ジャクソンが人種差別撤廃を訴える三尾圭5/29(金) 15:16
  10. 10
    WBSS準優勝者が語るファイトマネーとの付き合い方「破産するボクサーにはならない」杉浦大介6/1(月) 9:00