3トップの功罪。ラウタロ加入の可能性と、求められるバルサのアップデート。

得点を喜ぶメッシとスアレス(写真:なかしまだいすけ/アフロ)

新型コロナウィルスの影響で一時中断していたリーガエスパニョーラだが、現在再開に向けて動き始めている。

その期間に、世間を賑わせていたクラブがある。バルセロナだ。ラウタロ・マルティネス、ミラレム・ピャニッチ、ネイマールと連日のように大物選手の名前がメディアで踊った。

バルセロナが最も獲得を望んでいる選手はラウタロだろう。ただ、契約解除金1億1100万ユーロ(約127億円)を支払うのはクラブ財政により非常に難しい状況だ。そのため、アルトゥーロ・ビダル、ネルソン・セメドらをトレード要員にして、移籍金の引き下げを企ている。

次点が、ピャニッチだ。バルセロナ側はジャン=クレール・トディボを譲渡し、ピャニッチとマッティア・デ・シリオの2選手をユヴェントスから引き抜こうとしている。

この記事は有料です。
誰かに話したくなるサッカー戦術分析の定期購読をお申し込みください。

定期購読のお申し込み

商品名

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事

森田泰史

価格

月額550円(初月無料)

月3回程度

リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    オルフェーヴルの池添が、ダービージョッキーとなって初めて話せた話とは平松さとし5/28(木) 6:30
  2. 2
    「キャディは必要?不要?」で意見分かれる米ゴルフ界。コロナ禍で揺らいだキャディの立ち位置舩越園子5/28(木) 7:00
  3. 3
    53歳でのチャリティー・マッチ復帰を匂わせたマイク・タイソンが選んだリングはプロレスだった?!三尾圭5/28(木) 17:24
  4. 4
    高校時代に大谷翔平に投げ勝った右腕 プロ7年目の初先発で初勝利<韓国KBOリーグ>室井昌也5/28(木) 22:13
  5. 5
    ゴロフキンが日本人と戦った試合はどう実現したのか。中屋一生氏が明かす交渉の舞台裏杉浦大介5/28(木) 9:00
  6. 6
    マイナビ仙台は充実補強で復活の狼煙。自粛期間も焦らず「全員が同じ状態でスタート地点に立つ必要はない」松原渓5/28(木) 8:00
  7. 7
    本人も驚きのホームラン量産◆8試合連続アーチ◆先頭打者から7連続奪三振…【5月28日のMLB】宇根夏樹5/28(木) 6:30
  8. 8
    自粛期間中は「個」を磨く。なでしこリーグ5連覇中のベレーザはコロナ禍をどう乗り切る?松原渓5/27(水) 8:00
  9. 9
    「いまKリーグで最も危険なFW」は元Jリーガー。北朝鮮代表FW安柄俊、3試合連続ゴールの衝撃金明昱5/27(水) 16:30
  10. 10
    「高校野球 夏の甲子園大会中止」と「9月入学見送り」の残念な共通点豊浦彰太郎5/28(木) 8:30