アザール、それともヴィニシウス?ジダンを悩ませる左ウィングの起用法。

アザールとヴィニシウス(写真:ムツ・カワモリ/アフロ)

リーガエスパニョーラが再開に向けて動き始めている。ただ、レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は頭を悩ませているかもしれない。首位バルセロナに勝ち点2差で2位につけているマドリーだが、中断期間にエデン・アザールがリハビリのピッチを上げ、復帰に近づいているところだ。

リーガ第25節レバンテ戦で負傷したアザール。一方、この夏に移籍金1億ユーロ(約115億円)で加入した男が離脱して、存在感を示したのがヴィニシウス・ジュニオールだ。ヴィニシウスはシーズン序盤、アザールやロドリゴ・ゴエスの控えという立場で、昨季に比べてチーム内における序列を落としていた。

■組み合わせ

シーズンが半分を終えた辺り(1月20日時点)で、ジダン監督が3トップを採用したのは20試合だった。その中で、実に11通りの組み合わせが試されている。

最も試合数が多かったのが、【アザール/ベンゼマ/ロドリゴ】の3トップだ。次点が、【アザール/ベンゼマ/ベイル】で、【アザール/ベンゼマ/バスケス】と続く。アザールは、左ウィングで、常にジダン監督のファーストチョイスだった。

ジダン監督の考えは明確だ。左サイドに「突破者」を据え、右サイドにフリーランニングの上手い選手あるいはハードワークできる選手を置く。そのため、右WGでロドリゴやルーカス・バスケスが重宝される。

現在のマドリーにおいて、攻撃の中心はベンゼマだ。クリスティアーノ・ロナウドが2018年夏にユヴェントスに移籍して以降、ベンゼマが得点源になってきた。また、ベンゼマはマドリーの攻撃を「創る」役割を担う。センターフォワードに配置されながら、左サイドのスペースに流れてボールを受ける傾向がある。

ベンゼマが空けたスペースを、誰が使うのか。それが、「ポスト・クリスティアーノ時代」のマドリーの課題になっている。現時点、それを一番巧みにこなせるのがロドリゴで、加えて周囲との連携力を備える彼を、ゆえにジダン監督は貴重な選手として見ている。

■左サイドの起用/2選手のストロングと課題

そして、問題の左サイドだ。

アザールと、ヴィニシウス。いずれも右利きで、突破力を武器とする。ドリブルだけにフォーカスするならヴィニシウス、フィニッシュの精度を考えるならアザールに軍配が上がる。

ヴィニシウスに関しては、突破した後に課題がある。顔が上がらず、次のプレーへの移行が遅くなる。時に、シュートをイメージしてドリブルするのではなく、相手を抜き去るためにドリブルをしてしまう。リーガの猛者たちは、そういったヴィニシウスの特徴を見抜き、一旦彼のスピードを止めて人数をかけてプレスをするか、左足が苦手なヴィニシウスを縦あるいはサイドに追いやる手法を採るようになっていった。

対して、加入後に体重超過が指摘されたアザールは、相次ぐ負傷離脱で、コンディションを崩していった。彼が輝きを放ったのは、マドリーに加入して11試合に出場した時だった。リーガ第13節エイバル戦(4-0)で相手守備陣を切り裂き、本当の意味でジダン監督とチームメートの信頼を勝ち得た。出場時間825分、それがアザールが適応に要した時間であった。

ただ、2人とも、やる時はやる男だ。アザールはロシア・ワールドカップにおけるベルギー代表の選手としての活躍、昨季チェルシーで残した21得点17アシストという結果、そのクオリティに疑いの余地はない。ヴィニシウスはリーガ第26節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウにバルセロナを迎えた一戦で殻を破った感がある。勝ち点2差で首位バルセロナを追っていたマドリーは、ヴィニシウスの決勝点で勝利を収めた。

スペイン・スーパーカップで「5人の中盤」を据えてタイトルを獲得したジダン監督であるが、シーズン終盤に向けては慣れ親しんだ【4-3-3】を使う可能性が高い。その時、起用されるのは、アザールかヴィニシウスかーー。ベルナベウの左サイドで、躍動する影が気になるところである。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    ダントツのシーズン防御率。「2位とほぼ1点差」の投手や「リーグで1人だけ防御率X点台」宇根夏樹6/1(月) 7:00
  2. 2
    落合博満のホームラン論その1「全打席でバックスクリーンだけを狙っていた」横尾弘一6/1(月) 12:00
  3. 3
    WBSS準優勝者が語るファイトマネーとの付き合い方「破産するボクサーにはならない」杉浦大介6/1(月) 9:00
  4. 4
    NBA3連覇を成し遂げたFWが語る「声なき黒人の死」林壮一6/1(月) 0:01
  5. 5
    四国からなでしこリーグ1部初参戦!「ボールを大切にする」サッカーで、“愛媛旋風”は巻き起こるか?松原渓6/1(月) 8:00
  6. 6
    ロナウド超えの移籍金で“損切り”…インテル、愛憎劇の末のイカルディ放出に「安堵のため息」中村大晃6/1(月) 17:33
  7. 7
    30球団で唯一ノーヒッター達成が一度もないのは◆兄弟最多勝の更新…【6月1日のMLB】宇根夏樹6/1(月) 6:30
  8. 8
    白人警官に殺された黒人ラッパーの親友、元NBA王者のスティーブン・ジャクソンが人種差別撤廃を訴える三尾圭5/29(金) 15:16
  9. 9
    「くノ一スタイル」が今年もなでしこリーグを盛り上げる。自粛下も“走力維持”でスタートダッシュを目指す松原渓5/31(日) 8:00
  10. 10
    日本バドミントン、ガイドライン策定で再始動へ 代表は19日から合宿平野貴也6/1(月) 7:00