ペレスの打算。ハーランドは新ベルナベウの目玉になり得るか。

今季ブレイクしたハーランド(写真:ロイター/アフロ)

未来に向けて物事が動き始めた。レアル・マドリーが、ボルシア・ドルトムントのアーリング・ハーランド獲得を検討している。

2018年夏にクリスティアーノ・ロナウドがユヴェントスに移籍して以降、決定力不足を指摘されているマドリー。加えて、長年主力を張ってきたカリム・ベンゼマが32歳となり、新たなストライカーを確保する必要性が生じているところだ。

■ペレス会長の施策

フロレンティーノ・ペレス会長は近年、「若手推進プロジェクト」を進めてきた。マルティン・ウーデゴール、フェデリコ・バルベルデ、ヴィニシウス・ジュニオール、ロドリゴ・ゴエス、へイニエル・ジェズス...。世界中の若き才能に早い段階で目を付け、彼らを手元に置いた。

また、昨年夏に補強した選手は、エデン・アザールとレンタル加入したGKアルフォンソ・アレオラを除き、エデル・ミリトン、フェルランド・メンディ、ルカ・ヨヴィッチと24歳以下の選手である。リーガトップの補強費3億300万ユーロ(約348億円)を未来への投資につなげようとした。

つまり、19歳のハーランドはペレス会長の補強策に合致する存在である。若くしてハーランドほどの得点力を見せつけていた選手は数少ない。20歳時点ではクリスティアーノ・ロナウド(16得点)、リオネル・メッシ(26得点)、ベンゼマ(28得点)、ズラタン・イブラヒモビッチ(22得点)、ロベルト・レヴァンドフスキ(3得点)といったプレーヤーでさえ、ゴールを量産できていなかった。

それだけではない。今季、大ブレイクしたハーランドの得点力は本物だ。今季、ザルツブルクとドルトムントの2クラブで公式戦33試合に出場して40得点を記録。レヴァンドフスキ(33試合39得点)、キリアン・エンバペ(33試合30得点)、チーロ・インモービレ(33試合30得点)、ティモ・ヴェルナー(36試合27得点)を退けて欧州5大リーグでトップスコアラーとなっているのである。

ハーランドの契約解除金は7500万ユーロ(約86億円)だとみられる。それは複数クラブに適用される契約解除金であり、そこにはマドリーも含まれているようだ。

■新ベルナベウのお披露目に向けて

そして、ペレス会長とジネディーヌ・ジダン監督の両者が獲得を望んでいるのがエンバペだ。2022年夏にパリ・サンジェルマンとの契約が満了するエンバペだが、現時点で契約延長のオファーに対して首を縦に振っていない。

パリ・サンジェルマンが2022年夏にエンバペをフリーで放出するとは考え難い。すると、2021年夏がエンバペの「売り時」となる。

一方、マドリーは現在、本拠地サンティアゴ・ベルナベウの改修工事を行っている。2022年までに新ベルナベウが完成する見込みだ。ペレス会長としては、新ベルナベウのお披露目にスター選手の入団会見を添えたい。ゆえに、そのタイミングでのエンバペ獲得が考慮されている。

レンタルバック濃厚なウーデゴール、台頭してきたF・バルベルデ、ヴィニシウス、ロドリゴ、レイニエルのブラジルトリオを中心にチーム作りが進められていく。そこにハーランドとエンバペが加わり、新銀河系軍団が新ベルナベウで華麗なフットボールを披露する。ペレス会長は、そんな青写真を描いているのかもしれない。

新型コロナウィルスの影響で、各クラブが資金のやり繰りに四苦八苦している。だがマドリーは選手たちのサラリーを10%カットしたものの、ERTE(レイオフ/一時解雇)を避けた。ペレス会長の「健全経営」が、大型補強の可能性を高めている。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    ヒクソン・グレイシーvs.船木誠勝、20年目の真実。両者の証言から考察する世紀の一戦の勝敗の分かれ目近藤隆夫5/26(火) 9:38
  2. 2
    40代で「1試合3本塁打」は4人。次に記録しそうなのは…宇根夏樹5/26(火) 11:28
  3. 3
    無敗で牝馬二冠。デアリングタクト偉業達成の裏で陣営が切ったカードとは……平松さとし5/26(火) 6:30
  4. 4
    FW籾木結花が米・OLレインに完全移籍。なでしこの技巧派が受け取った女子サッカー大国からのオファー松原渓5/26(火) 8:30
  5. 5
    侍・稲葉監督も注視した新エース左腕が3勝目 0点台防御率をキープ<韓国KBOリーグ>室井昌也5/26(火) 22:14
  6. 6
    ダルビッシュ有が発したYouTube上の「僕は立ち上がりが悪くない」発言をデータ調査してみたら…菊地慶剛5/26(火) 16:14
  7. 7
    金メダルを期待されて…小川直也インタビュー「地獄の銀メダル」28年目の真実近藤隆夫4/11(土) 8:15
  8. 8
    リーガ、再開に向けた動きが本格化。フットボールの「新たな日常」へ。森田泰史5/26(火) 7:00
  9. 9
    伊達公子に錦織圭――歴代テニス選手が足を運んだ、マンハッタン島の中の温かく優しい『日本』内田暁5/26(火) 23:11
  10. 10
    大会開催か中止か未発表のまま、高校女子硬式野球部の現在中川路里香5/25(月) 16:04