メッシとバルトメウ会長の深まる溝。減給とレイオフをめぐる対立構造。

バルセロナで主将を務めるメッシ(写真:なかしまだいすけ/アフロ)

バルセロナが、揺れている。新型コロナウィルスの影響でクラブ財政が圧迫され、リオネル・メッシをはじめとする選手たちとジョゼップ・マリア・バルトメウ会長をトップに据える理事会の溝が深まる事態になっている。

争点となったのは、ERTE(レイオフ/一時解雇)適用と減給の問題だ。リーガエスパニョーラを含め、欧州5大リーグは新型コロナの影響で現在中断している。それによる収入減が見込まれ、バルセロナは厳しい財政を前に対策を講じなければいけなくなった。

■メッシの「発表」

2019-20シーズンのバルセロナの予算は10億4700万ユーロ(約1256億円)になる見込みだった。だがリーガの11試合、チャンピオンズリーグにおいては(最大で)6試合を残す状況で、大きな収入源であるテレビ放映権による資金調達の先行きが不透明になっている。

また、入場券、バルセロナが営むサッカースクール、グッズ販売、ミュージアムやスタジアム観戦ツアー、チャンピオンズリーグ出場権獲得、そういったものから得られる収入さえ、計算できない状況だ。

そこで、バルセロナはERTEの適用と選手たちのサラリーの70%カットを考慮。バルトメウ会長が主将たち(メッシ、セルヒオ・ブスケッツ、ジェラール・ピケ、セルジ・ロベルト)と話し合いの場を設けたものの、すぐには合意に至らず、交渉が続けられていた。その間、メディアでは、「選手たちが申し出を断っているのではないか」という憶測が流れた。

最終的には、メッシが自身のソーシャルメディアを通じて、減給を受け入れる旨を「発表」した。その後、クラブがERTR適用を公式声明で伝えた。地元紙『スポルト』のインタビューで選手たちが最初から減給を受け入れる姿勢だったことを明かしたバルトメウ会長だが、後の祭りだった。不快感を隠せなかったメッシが、一連の騒動におけるクラブの対応を批判するニュアンスのコメントを残していたからだ。

■言葉の重み

今季、バルセロナの選手たちと首脳陣との関係性は悪化の一途を辿っている。今季開幕前には、ネイマールの再獲得に動いたが、移籍成立には至らなかった。

1月に行われたスペイン・スーパーカップ準決勝でアトレティコ・マドリーに敗れた際には、責任を負う形でエルネスト・バルベルデ前監督の契約解除が発表された。シーズン途中の事実上の解任だった。そして、バルベルデの解任をめぐり、スポーツ部門のエリック・アビダルとメッシが舌戦を繰り広げることになった。

バルセロナで、メッシの負担は日を追うごとに増している。ピッチ上でのパフォーマンスだけではなく、ピッチ外でも彼をスケープゴートにする流れが加速しているためだ。メッシが補強に口出しをしている、メッシが減給を拒んでいる、メッシが新しい監督を望んでいる...。根も葉もない噂を書き立てられ続け、それをクラブが守ってくれないのであれば、彼が辟易するのも無理はない。

度々、D10S(『神』を意味するDIOS/ディオスと背番号10をかけた造語)と称されるメッシだが、彼は神ではない。人間だ。ピッチを離れたら、32歳の普通の青年である。メス・ケ・ウン・クルブ(クラブ以上の存在)を謳うバルセロナだからこそ、いま、メッシの言葉を重く受け取るべきだ。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    ヒクソン・グレイシーvs.船木誠勝、20年目の真実。両者の証言から考察する世紀の一戦の勝敗の分かれ目近藤隆夫5/26(火) 9:38
  2. 2
    40代で「1試合3本塁打」は4人。次に記録しそうなのは…宇根夏樹5/26(火) 11:28
  3. 3
    無敗で牝馬二冠。デアリングタクト偉業達成の裏で陣営が切ったカードとは……平松さとし5/26(火) 6:30
  4. 4
    FW籾木結花が米・OLレインに完全移籍。なでしこの技巧派が受け取った女子サッカー大国からのオファー松原渓5/26(火) 8:30
  5. 5
    侍・稲葉監督も注視した新エース左腕が3勝目 0点台防御率をキープ<韓国KBOリーグ>室井昌也5/26(火) 22:14
  6. 6
    ダルビッシュ有が発したYouTube上の「僕は立ち上がりが悪くない」発言をデータ調査してみたら…菊地慶剛5/26(火) 16:14
  7. 7
    金メダルを期待されて…小川直也インタビュー「地獄の銀メダル」28年目の真実近藤隆夫4/11(土) 8:15
  8. 8
    リーガ、再開に向けた動きが本格化。フットボールの「新たな日常」へ。森田泰史5/26(火) 7:00
  9. 9
    伊達公子に錦織圭――歴代テニス選手が足を運んだ、マンハッタン島の中の温かく優しい『日本』内田暁5/26(火) 23:11
  10. 10
    大会開催か中止か未発表のまま、高校女子硬式野球部の現在中川路里香5/25(月) 16:04