ジダン、エムバペ、マドリー …それぞれの思惑とジレンマ。

ドリブルするエムバぺ(写真:なかしまだいすけ/アフロ)

レアル・マドリーは、パリ・サンジェルマンのキリアン・エムバぺ獲得に、本腰を入れようとしているのかもしれない。

欧州フットボール界は新型コロナウィルスの影響で一時中断している。このままシーズン終了になる可能性さえあり、そうなると2020年夏の移籍市場が開く。次の市場に向け、マドリーが狙っている選手の一人がエムバぺだ。

■エムバぺとネイマールの去就

エムバぺは2017年夏にモナコからパリSGに移籍。レンタル契約に1億8000万ユーロ(約212億円)の買い取りオプションが付けられて取引が成立した。

パリSGは近年ネイマールの去就が騒がれ続けている。最近では、バルセロナへの復帰報道が再び熱を帯び始めているところだ。バルセロナは移籍金1億8000万ユーロ(約212億円)でのネイマール獲得を目指しているとみられ、そのためにはアントワーヌ・グリーズマンの売却を辞さない構えだという。

エムバぺとパリSGの契約期間は2022年夏までとなっている。エムバペとしては、あと一年、パリSGでプレーする考えを持っていた。契約期間が残り1年となる2021年夏の移籍市場の方が、クラブが売却を検討する可能性が高まるためだ。だがジネディーヌ・ジダン監督が以前「私はエムバぺに恋をしている」と語ったように、マドリーのエムバぺに対する関心は潰えていない。

ただ、マドリーが白羽の矢を立てているのはエムバペだけではない。

■水面下の動き

その補強リストに名を連ねているとされるのが、サディオ・マネ(リヴァプール)だ。マドリーは2018年夏にマネ獲得を検討していた。フロレンティーノ・ペレス会長は、マネの獲得に意欲的だった。しかしジダン監督の電撃退任があり、来たるシーズンに向けて指揮官に大物選手を「プレゼント」するというペレス会長の目論見は水泡と化した。

また、マドリーが関心を寄せているのがアーリング・ハーランド(ボルシア・ドルトムント)である。今季、ザルツブルクでブレイクしたハーランドは、今冬の移籍市場でドルトムントに移籍。ドルトムントはザルツブルクに移籍金2000万ユーロ(約23億円)を支払った。

ハーランドはシーズン前半戦、ザルツブルク(リーグ戦14試合16得点/カップ戦2試合4得点/チャンピオンズリーグ6試合8得点)で活躍した。ドルトムント(リーグ戦8試合9得点/カップ戦1試合1得点/チャンピオンズリーグ2試合2得点)移籍後も変わらず得点力を発揮。2クラブで公式戦33試合に出場して40得点9アシストを記録している。

マネ獲得には移籍金1億5400万ユーロ(約181億円)、ハーランド獲得には7500万ユーロ(約88億円)が必要だとみられている。

マドリーは2019年夏の移籍市場で、補強資金3億550万ユーロ(約366億円)を費やした。最大の目玉はエデン・アザールだった。マドリーが補強に投じた額はリーガで1位の数字。それだけではなく、ヨーロッパで1位の数字だった。

先は見えない。まだ今季の結果さえ出ていないのだ。だが火のない所に煙は立たない。水面下で動く影が、ちらついている。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    ギャルファー金田久美子が現役を続ける理由 ウッズの記録に並んだ「天才少女」の今金明昱6/3(水) 10:00
  2. 2
    タイキシャトルの藤沢が安田記念当日「遠征しないで済むか」と語った理由とは……平松さとし6/4(木) 6:30
  3. 3
    交流戦を除くと、過去15年のシーズン順位はこう変わる。リーグ内に限れば2位ながらCSを逃したのは…宇根夏樹6/4(木) 7:00
  4. 4
    昨夏、佐々木朗希と先発対決したドラ1右腕 7回無失点でリーグトップタイの4勝目<韓国KBOリーグ>室井昌也6/3(水) 22:29
  5. 5
    非業の死、殿堂入り投手ハラディが遺した反面教師としての教訓豊浦彰太郎6/4(木) 11:30
  6. 6
    落合博満のホームラン論その3「もっと頭を使い切れば、60~70本は打てた」横尾弘一6/3(水) 12:00
  7. 7
    落合博満のホームラン論その2「三冠王獲りに駆り立てたのはブーマー・ウェルズの存在」横尾弘一6/2(火) 12:00
  8. 8
    6月に退任するBリーグ大河チェアマン 知られざる功績と地方への献身大島和人6/4(木) 17:00
  9. 9
    ビールの安売りが呼んだ大騒動と黒星◆野茂がトレード◆プエルトリカン初の1位指名…【6月4日のMLB】宇根夏樹6/4(木) 6:30
  10. 10
    打率2位と3位の選手たち。複数のシーズンでトップ3に入りながら一度も「首位打者」になれなかったのは宇根夏樹6/2(火) 7:00