バレンシアが監督交代騒動を経て掴んだ結果と、訪れる変化の予感。

ゴールを喜ぶワスとパレホ(写真:ロイター/アフロ)

レアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーに追随するーー。チャンピオンズリーグでベスト16に進出したバレンシアが、虎視眈々と上位進出を狙っている。

バレンシアは今季序盤、マルセリーノ・ガルシア・トラル前監督を解任した。オーナーのピーター・リムとの確執が、その理由だった。即座にアルベルト・セラーデス新監督を迎えたものの、直後のリーガエスパニョーラ第4節バルセロナ戦で大敗。バレンシアニスタの不満は爆発寸前だった。

■お家騒動

2014年、クラブが財政危機に瀕している際に要職に就いたピーター・リムは、当初「英雄」として扱われた。だがジョルジュ・メンデス代理人と親しい関係にあるシンガポール人オーナーは、そのパイプを用いながら幾度となく指揮官の招聘と補強を決断。その独善的な行動は、時にコーチングスタッフの反感を買った。

振り回されたのはマルセリーノ前監督だけではない。スポーツディレクターとして働いていたマテウ・アレマニーも、オーナーの「気まぐれ」に振り回された。今季開幕前、ロドリゴ・モレノはアトレティコ・マドリー移籍に迫り、その一方で移籍金1200万ユーロ(約14億円)が支払われて現場が望んでいなかったティエリ・コレイアの獲得が決まった。

異を唱えたアレマニーの権力は弱まり、最終的には追い出される格好でクラブから去っていった。マルセリーノ前監督への選手たちの信頼は厚かった。アレマニーはその指揮官の意向を汲んで補強を行っていた。一枚岩となり2年連続でチャンピオンズリーグ出場権を獲得したバレンシアだが、それが一気に崩壊への一途を辿ることになったのである。

そんな中、就任したのがセラーデス監督だ。スペインの世代別代表で指揮を執ってきたセラーデス監督だが、リーガエスパニョーラ1部での指揮は初めてだった。

■スペイン第四の砲

セラーデス監督は選手時代にバルセロナとレアル・マドリーでプレーした数少ない人物だ。

7歳でバルセロナのカンテラに入団した彼は、1995-96シーズンにトップデビュー。1997-98シーズン、ルイ・ファン・ハール当時監督の下で、CBとしてレギュラーに定着した。そしてセルタを挟み、2000年夏にレアル・マドリーに移籍。ビセンテ・デル・ボスケ当時監督の下で、ジネディーヌ・ジダン、ルイス・フィーゴ、クロード・マケレレ、マクナマナマン、グティらと共に、クラブ史上9度目のチャンピオンズリーグ優勝を達成した。

ビッグクラブでプレーした経験から、セラーデス監督は選手の気持ちを汲み取るのが上手い。マルセリーノ前監督を否定するのではなく、そのやり方を踏襲する形で、チーム作りを進めていった。

セラーデス・バレンシアの基本布陣は4-4-2だ。マルセリーノ前監督の頃と同じである。中盤で試合をコントロールするダニ・パレホ、得点源のロドリゴ、中心になる選手は変わらない。

その一方で、セラーデス監督には頑固さがある。フェラン・トーレスを重宝する傍ら、イ・ガンインのプレータイムが減った。ピーター・リムとしては、この若い2選手を多く起用することを望んでいた。だが、セラーデス監督は、そこで自身の戦い方を貫いた。また、クラブはマルセリーノ前監督解任時にメディカルスタッフを一掃しようとしていた。だが選手たちの反発を感じ取ったセラーデス監督は、それを拒否した。そうして、少しずつ、選手たちの信頼を勝ち取っていった。

崩れかけたチームは、土壇場で保たれた。リーガでは苦しみながら中位をキープして、チャンピオンズリーグでは2012-13シーズン以来のベスト16進出。ベスト8を睨み、アタランタと対戦する。

バルサ、マドリー、アトレティコに次ぐ、「スペイン第四の砲」は放たれた。ゴタゴタを乗り越え、バレンシアが欧州の舞台に参陣する。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    【落合博満の視点vol.12】新型コロナウイルスに見舞われたからこそ再認識したい自己責任の姿勢 横尾弘一3/29(日) 0:30
  2. 2
    久保建英とメッシ。本当の共通点とは? 小宮良之3/29(日) 11:00
  3. 3
    応援は手拍子のみ? 会場内での飲食はNG? 新型コロナ収束後のJリーグ観戦はどうなるのか 宇都宮徹壱3/29(日) 15:00
  4. 4
    高松宮記念の有力馬ダノンスマッシュ、禁止薬物・香港デモ・新型コロナ…度重なる受難を乗り越えGIに挑む 花岡貴子3/29(日) 12:14
  5. 5
    東京五輪延期、男子サッカーで今年23歳の選手が出場するには規定変更の必要なし 柴村直弥3/29(日) 16:10
  6. 6
    ESPNが特集した全30球団のベストパフォーマンス投手で野茂英雄氏が選出! その試合はどれか? 菊地慶剛3/29(日) 14:35
  7. 7
    【BMW S1000XR 海外試乗インプレ】極上スーパースポーツの走りを快適ツーリングで楽しめる! 佐川健太郎3/29(日) 13:47
  8. 8
    今シーズンのF1選手権、全レース開催見送りか? 国沢光宏3/29(日) 22:14
  9. 9
    新型コロナウイルス感染拡大防止に、プロスポーツ選手は無力なのか 谷口輝世子3/28(土) 10:53
  10. 10
    伝説の世界チャンプ、マイケル・カルバハルが語った井上尚弥 林壮一3/24(火) 0:01