デ・ヨングとF・バルベルデ…スペイン「2強」を支える中盤の支配者を徹底比較。

クラシコで対峙したデ・ヨングとバルベルデ(写真:ムツ・カワモリ/アフロ)

ビッグクラブで、居場所を確保するのは簡単ではない。若手選手や新戦力であれば、なおさらだ。

だが、今季、レアル・マドリーとバルセロナで新たな力を注入している選手がいる。フェデリコ・バルベルデ(21歳)とフレンキー・デ・ヨング(22歳)だ。

■輝く2選手を比較

ルカ・モドリッチ、トニ・クロース、カゼミーロと中盤の主力が高齢化するマドリーだが、バルベルデの台頭で救われた部分がある。ジネディーヌ・ジダン監督はイスコを含めて5選手を中盤起用する戦い方を試しており、戦術にバリエーションがもたらされている。

デ・ヨングは昨季、チャンピオンズリーグでベスト4に進出したアヤックスで、一際輝きを放った。バルセロナがアヤックスに移籍金固定額7500万ユーロ(約90億円)を支払い、この夏にバルセロナに加入した。監督交代が行われたバルセロナにおいて、混沌の中、移籍一年目からレギュラーポジションを奪取している。

バルベルデは今季のリーガで、18試合に出場(出場時間1070分)して2得点4アシストを記録している。シュート数14本、ドリブル数12回、パス本数604本、ボール奪取数65回、デュエル数112回、タックル数19回という数字を残している。

デ・ヨングは22試合出場(出場時間1693分)で2得点2アシストを記録。シュート数4本、ドリブル数39回、パス本数1305本、ボール奪取数112回、デュエル数183回、タックル数26回だ。

画像制作:Yahoo!ニュース
画像制作:Yahoo!ニュース

そして、バルベルデとデ・ヨングの共通項を挙げるなら、ポリバレントな能力だろう。

バルベルデは左右インテリオール(インサイドハーフ)、アンカー、5選手が中盤に並ぶ際には右サイドハーフでプレーする。デ・ヨングはバルセロナの逆三角形の中盤で、3ポジションをこなしてきた。

■欠かせない存在に

今季、バルベルデは著しい成長を見せている。2016年夏、移籍金500万ユーロ(約6億円)でマドリーに移籍。当初は、Bチーム相当のマドリー・カスティージャでプレーするためだった。

壁は厚かった。チャンピオンズリーグで3連覇を達成したチームでは、カンテラーノのマルコス・ジョレンテ、ベティスで輝きを放ったダニ・セバジョスらでさえ、出場機会を確保できなかった。

デ・ヨングは典型的なパサーではない。そういう意味では、シャビ・エルナンデスやアンドレア・ピルロのような選手ではない。中盤でボールを運びながら相手のプレス網を剥がしていく姿は、アンドレス・イニエスタのようだ。ルカ・モドリッチやマテオ・コバチッチが得意とするプレーでもある。

アヤックスにいた頃は、センターバックのマタイス・デ・リフト、ダレン・ブリントと協働して後方からボールを前進させていた。「デ・ヨングロール」のような役割で、エリック・テン・ハーグ監督の3枚ビルドアップを効果的にしていた。

彼らは「8番」であり、「6番」であり、「10番」である。その存在が、各チームで欠かせないものとなっている。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ