久保建英とウーデゴール。レアル・マドリー復帰が噂される2選手を徹底比較。

競り合う久保とカゼミーロ(写真:なかしまだいすけ/アフロ)

レアル・マドリーで居場所を確保するのは、どちらだろうか。久保建英と、マルティン・ウーデゴール。切符は一枚ではないかもしれない。だが席が複数用意される保証がないのも確かだ。

若くして才能を認められた久保とウーデゴールだが、彼らは今季開幕前にマドリーからレンタル放出されている。久保はマジョルカに、ウーデゴールはレアル・ソシエダに新天地を求めた。

■2人のクラック(名手)

マドリーは今季、フェデリコ・バルベルデが台頭している。ルカ・モドリッチ、トニ・クロース、カゼミーロというジネディーヌ・ジダン監督にとって絶対的な存在だった3選手に割って入るプレーヤーが現れ、ついに中盤の序列が崩れ始めた。

久保とウーデゴールの共通点は、いずれも左利きであることだ。そして、それは彼らのアドバンテージになり得る。バルベルデ、モドリッチ、クロース、カゼミーロ、全員が右利きだからである。

久保は今季のリーガで、16試合に出場(出場時間1046分)して1得点1アシストを記録している。シュート数13本、ドリブル数21回、パス本数261本、ボール奪取数47回という数字を残している。

ウーデゴールは17試合出場(出場時間1530分)で4得点5アシストを記録。シュート数21本、ドリブル数48回、パス本数972本、ボール奪取数102回だ。

画像制作:Yahoo!ニュース
画像制作:Yahoo!ニュース

両者は、マジョルカとソシエダで攻撃のアクセントになっている。注目したいのは、ウーデゴールのボール奪取数だ。ヘーレンフェーン、フィテッセというオランダの2クラブで「武者修行」した男は、逞(たくま)しくなって、リーガに戻ってきた。その証が、データに表れている。

■限られた席

マドリーは、2019-20シーズンのスペイン・スーパーカップで優勝を飾った。エデン・アザール、カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルを欠きながら、準決勝でバレンシアを、決勝でアトレティコ・マドリーを破り、タイトルを獲得。ジダン監督にとって、9回の決勝進出で9回の優勝という「パーフェクト」が達成された瞬間でもあった。

バルベルデ(移籍金500万ユーロ/約6億円)、カゼミーロ(移籍金500万ユーロ/約6億円)、イスコ(移籍金3000万ユーロ/約36億円)、モドリッチ(3500万ユーロ/約42億円)、クロース(移籍金2500万ユーロ/約30億円)...。彼らの移籍金合計額は、ネイマール一人のものに、遠く及ばない。

フロレンティーノ・ペレス会長の「若手推進プロジェクト」は功を奏している。

一方、マドリーは来季に向けてファン・デ・ベーク(アヤックス)、レイニエル・ジェズス(フラメンゴ)を手中に収めようとしている。彼らが加入すれば、マドリーとの契約を残すプレーヤーは36選手に上る。

選手に用意されている席は、決して多くない。激烈な競争に勝ち残った者だけが、栄光に向かう権利を得る。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』など。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    世紀の再戦は文句なしの圧勝 フューリーがワイルダーをKOで下し新王者へ 木村悠2/24(月) 7:00
  2. 2
    あれ、ギータは?手締めに柳田悠岐が不在だったけど、ホークスがキャンプ練習を打ち上げ 田尻耕太郎2/24(月) 13:47
  3. 3
    昨年はMLBでチームメイトだった3人が、今年はNPBでプレーする 宇根夏樹2/24(月) 14:27
  4. 4
    スーパー銭湯アイドル純烈のリーダーと競馬との不思議な縁 平松さとし2/24(月) 6:30
  5. 5
    久保建英が突き進む「世界最高峰への道」。ブラジル代表ロドリゴとは違う選択 小宮良之2/24(月) 11:30
  6. 6
    カイリー・アービングが右肩のケガで今季絶望。 林壮一2/24(月) 0:01
  7. 7
    Kリーグが新型コロナの影響で「開幕節全試合延期」を発表。ACLホームゲームも「無観客を勧告」。 吉崎エイジーニョ2/24(月) 15:36
  8. 8
    今オフの「年俸調停」は球団側の7勝5敗。シルバースラッガー&ゴールドグラブの捕手は通算0勝2敗 宇根夏樹2/24(月) 9:27
  9. 9
    二足のワラジで夢追う独立リーグ・福島レッドホープス岩村明憲代表取締役社長兼監督の衰えぬ情熱。 一村順子2/24(月) 11:35
  10. 10
    「宮崎ダービー」。オープン戦九州上陸。いよいよ始まるサバイバルゲーム 阿佐智2/24(月) 8:00