30歳を超えて急成長。引退を決意したアドゥリスが見せた意地。

バルセロナ戦のアドゥリス(写真:ロイター/アフロ)

ベテランの一発が、バルセロナを沈めた。

リーガエスパニョーラ開幕節、アスレティック・ビルバオ対バルセロナの一戦。スコアレスで迎えた後半42分、アンデル・カパが右サイドからクロスを送る。アリツ・アドゥリスが身を翻しながら鮮やかなボレーシュートを放ち、バルセロナGKテア・シュテーゲンが一歩も動けないまま、ネットが揺れた。

アスレティックの本拠地サン・マメスが歓喜に揺れる。そのなかで、喜びと哀しみが混じった声が、どこからともなく漏れ聞こえる。アドゥリス、辞めないでくれーー。素晴らしいゴールと、これから訪れる未来が、対照的な感情を引き起こした。

話は少し前に遡る。2019年8月9日に、アスレティックのファンに衝撃が走った。アドゥリスが、今季限りでの引退を表明したからだ。来年2月に39歳を迎えるアドゥリスだが、肉体的な衰えは感じさせない。そのアドゥリスがいなくなる喪失感は想像に難くない。

■年齢層

昨季リーガ序盤戦の10試合で、20歳以下の選手で試合に出たのは9選手のみだ。

ヴィニシウス・ジュニオール(当時所属レアル・マドリー)、フラン・ベルトラ(セルタ)、ペドロ・ポーロ(ジローナ)、クチョ・エルナンデス(ウエスカ)、ペルー・ノラスコアイン(アスレティック・ビルバオ)、マヌエル・モルラネス(ビジャレアル)、フェラン・トーレス(バレンシア)、ボルハ・ガルセス(アトレティコ・マドリー)、セルヒオ・モレノ(ラージョ・バジェカーノ)が檜舞台に立った。

彼らは460選手のうちの限られたプレーヤーである。

リーガの平均年齢は27,1歳で、過去10年で最も高いものだった。

■稀有な選手

しかし、アスリートでいえば、30歳という年齢はベテランと呼ばれる域に達する。ただ、その年齢から急成長を遂げた選手が、アドゥリスだった。

アドゥリスは、30歳を超えてから、149得点を記録している。アスレティックの選手では、サラ(30歳以降64得点)、ウルサイス(61得点)を優に超える数字だ。

先のバルセロナ戦で、アドゥリスは38歳186日で得点を記録した。リーガの最年長得点記録において、ドナト(40歳138日)、セサル(39歳279日)、ディ・ステファノ(39歳231日)、ベン・バレーク(38歳363日)、プスカシュ(38歳233日)に次いで、6番目に位置している。

試合後、アドゥリスはテア・シュテーゲンと抱擁を交わした。デポルティビダッド(スポーツマンシップ)に則る彼は、若い選手たちの模範だ。その姿を見られるのも、あと9カ月余り...。ノスタルジーを感じるのは、アスレティックのファンだけではないかもしれない。