30歳を超えて急成長。引退を決意したアドゥリスが見せた意地。

バルセロナ戦のアドゥリス(写真:ロイター/アフロ)

ベテランの一発が、バルセロナを沈めた。

リーガエスパニョーラ開幕節、アスレティック・ビルバオ対バルセロナの一戦。スコアレスで迎えた後半42分、アンデル・カパが右サイドからクロスを送る。アリツ・アドゥリスが身を翻しながら鮮やかなボレーシュートを放ち、バルセロナGKテア・シュテーゲンが一歩も動けないまま、ネットが揺れた。

アスレティックの本拠地サン・マメスが歓喜に揺れる。そのなかで、喜びと哀しみが混じった声が、どこからともなく漏れ聞こえる。アドゥリス、辞めないでくれーー。素晴らしいゴールと、これから訪れる未来が、対照的な感情を引き起こした。

話は少し前に遡る。2019年8月9日に、アスレティックのファンに衝撃が走った。アドゥリスが、今季限りでの引退を表明したからだ。来年2月に39歳を迎えるアドゥリスだが、肉体的な衰えは感じさせない。そのアドゥリスがいなくなる喪失感は想像に難くない。

■年齢層

昨季リーガ序盤戦の10試合で、20歳以下の選手で試合に出たのは9選手のみだ。

ヴィニシウス・ジュニオール(当時所属レアル・マドリー)、フラン・ベルトラ(セルタ)、ペドロ・ポーロ(ジローナ)、クチョ・エルナンデス(ウエスカ)、ペルー・ノラスコアイン(アスレティック・ビルバオ)、マヌエル・モルラネス(ビジャレアル)、フェラン・トーレス(バレンシア)、ボルハ・ガルセス(アトレティコ・マドリー)、セルヒオ・モレノ(ラージョ・バジェカーノ)が檜舞台に立った。

彼らは460選手のうちの限られたプレーヤーである。

リーガの平均年齢は27,1歳で、過去10年で最も高いものだった。

■稀有な選手

しかし、アスリートでいえば、30歳という年齢はベテランと呼ばれる域に達する。ただ、その年齢から急成長を遂げた選手が、アドゥリスだった。

アドゥリスは、30歳を超えてから、149得点を記録している。アスレティックの選手では、サラ(30歳以降64得点)、ウルサイス(61得点)を優に超える数字だ。

先のバルセロナ戦で、アドゥリスは38歳186日で得点を記録した。リーガの最年長得点記録において、ドナト(40歳138日)、セサル(39歳279日)、ディ・ステファノ(39歳231日)、ベン・バレーク(38歳363日)、プスカシュ(38歳233日)に次いで、6番目に位置している。

試合後、アドゥリスはテア・シュテーゲンと抱擁を交わした。デポルティビダッド(スポーツマンシップ)に則る彼は、若い選手たちの模範だ。その姿を見られるのも、あと9カ月余り...。ノスタルジーを感じるのは、アスレティックのファンだけではないかもしれない。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』など。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    世紀の再戦は文句なしの圧勝 フューリーがワイルダーをKOで下し新王者へ 木村悠2/24(月) 7:00
  2. 2
    あれ、ギータは?手締めに柳田悠岐が不在だったけど、ホークスがキャンプ練習を打ち上げ 田尻耕太郎2/24(月) 13:47
  3. 3
    昨年はMLBでチームメイトだった3人が、今年はNPBでプレーする 宇根夏樹2/24(月) 14:27
  4. 4
    スーパー銭湯アイドル純烈のリーダーと競馬との不思議な縁 平松さとし2/24(月) 6:30
  5. 5
    久保建英が突き進む「世界最高峰への道」。ブラジル代表ロドリゴとは違う選択 小宮良之2/24(月) 11:30
  6. 6
    カイリー・アービングが右肩のケガで今季絶望。 林壮一2/24(月) 0:01
  7. 7
    Kリーグが新型コロナの影響で「開幕節全試合延期」を発表。ACLホームゲームも「無観客を勧告」。 吉崎エイジーニョ2/24(月) 15:36
  8. 8
    今オフの「年俸調停」は球団側の7勝5敗。シルバースラッガー&ゴールドグラブの捕手は通算0勝2敗 宇根夏樹2/24(月) 9:27
  9. 9
    二足のワラジで夢追う独立リーグ・福島レッドホープス岩村明憲代表取締役社長兼監督の衰えぬ情熱。 一村順子2/24(月) 11:35
  10. 10
    「宮崎ダービー」。オープン戦九州上陸。いよいよ始まるサバイバルゲーム 阿佐智2/24(月) 8:00