ネイマール以前・ネイマール以後。契約解除金の夏を超えて。

競り合うミルナーとネイマール(写真:ロイター/アフロ)

ネイマール以前・ネイマール以後ーー。そう呼べるほどに、彼の移籍はフットボールの世界を変えてしまった。

ネイマールのパリ・サンジェルマン移籍が成立したのは、2017年夏だ。当時、バルセロナとの契約で、ネイマールの契約解除金は2億2200万ユーロ(約268億円)に設定されていた。

その大金をはたくクラブは実質上存在しない。バルセロナ側には、そう高を括っていたところがあった。だが、結末はご存知の通りだ。バルセロナで受け取っていた年俸(2200万ユーロ/約26億円)以上の年俸(3600万ユーロ/約43億円)を用意して、パリ・サンジェルマンはネイマールを迎え入れた。

■契約解除金の存在

そもそも、なぜネイマールの移籍は成り立ったのか。

スペインでは、選手と所属クラブの間に「契約解除金」が設定されるのが通例だ。1985年に法の改正が行われ、法規1006が制定された。選手を守るために、スペイン政府はプロスポーツの安定化を図った。

契約解除金の存在により、選手と所属クラブが諍いを起こさずに移籍成立が可能になる。スペインでは、選手(その選手の代理人でも可能)がプロリーグ機構(LFP)に契約解除金を収める方式が採られている。選手が契約解除金をLFPに収め、それを確認したLFPが所属クラブ(正確に言えば前所属クラブ)にその額を受け渡す。2016年以降は、この支払方法であれば税金を支払う必要がなくなった。

契約解除金の支払いにおいては、IRPF(個人所得税)の支払いが最大で48%まで軽減されるといわれている。対して、2クラブ間の交渉で移籍金が発生した場合、IVA(付加価値税)を支払わなければいけない。

だが、近年のマーケット状況と移籍金の高騰によって、資金潤沢なクラブが得をする構図が出来上がってしまった。この制度が導入された際、こういったシチュエーションは想像されていなかっただろう。オイルマネーを存分に使えるアラブ人オーナーの就任や、「国家クラブ」の誕生を予期していた者はいなかった。

■戦略と背景

ただ、契約解除金に基本的に上限はない。その仕組みを、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は巧みに利用している。

これは賢くて強(したた)かな戦略である。事実、マドリーの選手で、契約解除金の支払いによって移籍が成立した選手はいない。マドリーは近年、契約更新の際に主力選手の契約解除金を引き上げてきた。イスコ(契約解除金7億ユーロ/約854億円)、ルカ・モドリッチ(7億5000万ユーロ/約915億円)、トニ・クロース(5億ユーロ/約610億円)が良い例だ。

一方で、労働者の権利を守るため、法外な契約解除金を設定されて不当だと感じれば、選手はそれを訴えることができる。その辺りを上手にコントロールする必要はあるだろう。実際のところ、クリスティアーノ・ロナウド(現ユヴェントス/当時契約解除金10億ユーロ)の移籍に際しては、マドリー、ユヴェントス、選手の三者が合意して移籍金1億1200万ユーロ(約136億円)で移籍が決定した。

対してルカ・モドリッチのインテル移籍が噂された時には、ペレス会長が頑なに契約解除金7億5000万ユーロ(約915億円)の支払いを要求して、結局彼は残留した。このように、現実的には幅を持ちながら柔軟に対処する必要がある制度なのである。

最近では「契約解除金」と「移籍金」を混同している日本メディアが少なくない。直近の例で言えば、久保建英がレアル・マドリー移籍を決めたが、これからスペインでプレーする彼を、こういった理解なしに追い続けることはできるだろうか。それは非常に難しいはずだ。

バルセロナのカンテラーノがレアル・マドリーに加入した、という感情論では完結しない背景を、決して見逃すべきではない。若き才能を見守るにあたり、「周り」もまた準備を怠ってはならないのである。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    最も長くMVPが出ていない球団。34年間の「空白」は史上2番目。過去3年は得票すらゼロ 宇根夏樹4/9(木) 14:02
  2. 2
    JRAで馬券発売され、ダノンプレミアムが出走する豪G1の有力馬紹介 平松さとし4/9(木) 17:30
  3. 3
    コロナに負けるな!! 先週G1勝ちのイタリア人騎手と桜花賞とのエピソード 平松さとし4/9(木) 6:30
  4. 4
    ダルビッシュがMLB最初の単打、二塁打、三塁打を打たれた相手は、いずれもイチローだった 宇根夏樹4/9(木) 7:00
  5. 5
    緊急事態宣言後も競馬続行。騎手の自宅通勤、関東3勝クラスのメンバー構成の変化などに注目 花岡貴子4/9(木) 7:45
  6. 6
    マスターズのない春に思う、オーガスタ・ナショナルから教えられた人生の教訓 舩越園子4/9(木) 8:00
  7. 7
    プロレスラーから大統領へ ~米史上最も偉大な大統領は”アメリカ版猪木”だった!?~ 三尾圭4/8(水) 12:01
  8. 8
    なぜそこに日本人投手??中米グアテマラでマウンドに立った流離の野球選手 阿佐智4/9(木) 8:00
  9. 9
    2020年にバスケットボール殿堂入りする3名について、ボクシング元2冠世界チャンプ田口良一が語った 林壮一4/9(木) 0:01
  10. 10
    Jリーグ再開延期がアジアにも影響か。新型コロナでACLも事実上、再開不可能? 慎武宏4/9(木) 11:11