【ポルトガル代表】クリスティアーノ・ロナウド。欲望のままに突き進んできた男。

C・ロナウド(写真:ロイター/アフロ)

レアル・マドリーに所属するポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドを突き動かしてきたもの、それは「欲望」かもしれない。

ポルトガルのマデイラ島で生まれ育ったC・ロナウドは12歳でスポルティング・リスボンの下部組織に入団した。欧州のトップクラブにその才能が見出されるまで、時間はかからなかった。

■CR7伝説の幕開け

2003年夏。スポルティングはマンチェスター・ユナイテッドと親善試合を行った。そこでサー・アレックス・ファーガソンの目に留まり、C・ロナウドはユナイテッドに移籍する。

彼には、デイビッド・ベッカムが背負っていた7番が与えられた。CR7伝説の幕開けだ。

ユナイテッドでは左サイドを主戦場に躍動した。スピードとキレのあるドリブルを武器に快速ウィンガーとして評価を高めていき、

プレミアリーグ優勝3回 、FAカップ1回、リーグカップ2回 、コミュニティ・シールド2回とタイトルを総なめにする。

2007-08シーズンには、チャンピオンズリーグ優勝を達成。08-09シーズンにクラブ・ワールドカップも制して、ユナイテッドで欧州と世界の頂点に立った。

■メッシへの対抗意識

だが野心を滾らせる男は2009年夏に再び移籍を決意する。当時史上最高額だった移籍金9300万ユーロ(約120億円)を支払い、レアル・マドリーがC・ロナウド獲得を決めた。

ユナイテッドからマドリーに移籍して、C・ロナウドは得点能力を開花させた。それはアルゼンチン代表のリオネル・メッシ(バルセロナ)への強烈な対抗意識が引き出したアビリティに他ならない

2008年に初のバロンドール(2010年から2015年の間はFIFAバロンドール)受賞を果たしたC・ロナウドだが、2009年から2012年までは4年連続で同賞をメッシに譲った。2010年には、最終候補3名から外れる屈辱を味わった。

ユナイテッドの6年間でC・ロナウドは公式戦292試合118得点を記録。1試合平均得点数は0,4得点だった。一方、マドリーの9年間では438試合450得点を記録しており、1試合平均得点数は1,03得点と決定力を格段に上げている。

「世界一」への欲が、C・ロナウドを突き動かしていた。そして彼は、スピードのあるドリブラーからゴールスコアラーへと変貌を遂げたのである。

■欲望に正直

C・ロナウドは2004年6月12日に代表デビューを飾った。初めてA代表のピッチに立ったのが母国開催のEURO2004という大舞台だった。

しかしながら19歳の若さで臨んだビッグトーナメントは、決勝でギリシャに敗れて準優勝に終わっている。感情に身を任せて号泣する姿は見る者の心を打ち、その後の成長を予感させた。

EURO2016では、切望していた代表での主要タイトルを獲得。だが、ワールドカップでの優勝経験はない。

ポルトガル代表で150試合81得点を記録しているC・ロナウドは、同代表の歴代最多得点者となっている。主将として挑むロシア大会は、おそらく最後のワールドカップになるだろう。

欲望に正直に、彼は唯一不足したビッグタイトルを獲りにいくはずだ。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    大谷翔平は二刀流と決別すべき時を迎えたのか?菊地慶剛8/3(月) 13:28
  2. 2
    十両は立浪部屋3人による優勝決定巴戦 その裏にあった「もうひとつ」のドラマ飯塚さき8/3(月) 10:18
  3. 3
    照ノ富士が教えてくれたこと――後世に語り継がれる奇跡の復活優勝は何を残したのか?飯塚さき8/3(月) 7:00
  4. 4
    イ・ボミよりも13歳若い元「スーパー中学生」が優勝。来日経験もあるユ・ヘランとは慎武宏8/3(月) 6:04
  5. 5
    江夏 豊・落合博満・野茂英雄――現代のプロ野球にも求められる一匹狼という魅力的存在【その1】横尾弘一8/3(月) 12:00
  6. 6
    メイウェザーのアドバイス効果? アンジェロ・レオが無敗のままWBOスーパーバンタム級王座獲得林壮一8/3(月) 0:01
  7. 7
    ラグビー日本代表はリスク覚悟で「エイトネーションズ」参戦に踏み切るのか?永田洋光8/3(月) 4:00
  8. 8
    敗戦から学んだ明治大学・山沢京平、新型コロナ禍に何を思う【ラグビー旬な一問一答】向風見也8/3(月) 6:00
  9. 9
    【CT125・ハンターカブ 試乗インプレ速報】オンにオフに元気に使い倒せる、コイツは遊びの天才だ!佐川健太郎8/3(月) 7:11
  10. 10
    世界を知る八村世代に直撃! 納見悠仁「強気な姿勢に拍車をかけたU16と17代表での経験」青木崇8/3(月) 15:00