台風14号は16日(木)午後3時現在、長崎県五島市の西南西の海上にあって、時速15キロで北寄りに進んでいます。

当初の予想よりも発達しており、勢力を維持したまま、九州北部に接近・上陸する恐れがあります。

17日(金)九州北部に上陸の恐れ

台風14号の予想進路 (提供:ウェザーマップ)
台風14号の予想進路 (提供:ウェザーマップ)

台風14号は当初の予想より南寄りのコースを取る形に変わっています。寒気の影響を受けにくくなったため、台風としての勢力を維持したまま九州に近づく見込みです。

九州北部への接近は17日(金)昼過ぎからとなる見込みで、その後、上陸する恐れがあります。佐賀県や福岡県に直接上陸することになれば、1951年の統計開始以来初めてです。なお、再上陸としては、1992年に台風9号が福岡県行橋市に再度上陸をしています。

17日(金)は暴風雨に 

17日(金)正午の雨と風の予想 (提供:ウェザーマップ)
17日(金)正午の雨と風の予想 (提供:ウェザーマップ)

九州では17日(金)を中心に大雨となるでしょう。局地的には1時間に50ミリを超える非常に激しい雨が降る見込みです。

台風周辺の湿った空気の影響で、すでに雨量が多くなっている所もあり、16日(木)は宮崎県に土砂災害警戒情報が出ています。

17日(金)になると宮崎県を含め、さらに広い範囲で警報級の大雨となる恐れがあります。土砂災害や低地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒をしてください。

大雨・暴風・高波に警戒

早期注意情報 大雨・暴風・波浪 (提供:ウェザーマップ)
早期注意情報 大雨・暴風・波浪 (提供:ウェザーマップ)

大雨に加え、暴風や高波にも警戒が必要です。

17日(金)は、陸上・海上ともに風が非常に強まるでしょう。長崎県など早い所では、あすの明け方頃から暴風警報が発表される見通しで、瞬間的には35メートルの暴風が吹く予想です。

交通機関に影響が出る可能性がありますので、最新の交通情報にもご注意ください。

また、海はうねりを伴った大しけとなる見込みです。海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水にも注意をしてください。

早めに台風への備えを

16日(木)はまだ雨雲の掛かっていない所も多いです。雨の止んでいるタイミングで側溝や排水溝を掃除し、水はけを良くしておいてください。

また、17日(金)は暴風の吹く恐れがありますので、植木鉢など飛ばされやすいものは室内へしまい、自転車などは固定をしておきましょう。強風による停電にも備えておくと安心です。

今後も最新の情報を確認し、台風への備えをお願いします。また、自治体からの避難情報にも注意をし、いざという時は早めの避難を心掛けてください。