台風9号は、8日(日)午前6時には久米島の北北西にあって、1時間におよそ30キロの速さで北寄りに進んでいます。今後、東シナ海を北東に進み、今夜にも九州に接近・上陸する恐れがあります。

奄美地方は、すでに風速15m/s以上の強風域に入っている所があり、このあと昼過ぎには九州南部が、夕方には九州北部が強風域に入る見通しです。

午後から雨風強まる

8日(日)午後9時の雨と風の予想 提供:ウェザーマップ
8日(日)午後9時の雨と風の予想 提供:ウェザーマップ

九州では、午後になると南部から雨や風が強まってくるでしょう。予想される最大瞬間風速は陸上で20m/s、海上で30m/sとなっています。

雨は局地的に1時間に70ミリの非常に激しい雨が降り、24時間雨量は9日(月)朝までに南部・北部で300ミリ、10日(火)朝までに北部で更に50~150ミリが予想されています。

土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫に厳重に警戒してください。

夜は警報級の大雨・暴風に

早期注意情報(大雨・暴風) 提供:ウェザーマップ
早期注意情報(大雨・暴風) 提供:ウェザーマップ

雨風のピークは夕方以降と予想され、夜には広い範囲に大雨警報や洪水警報が発表される見通しです。沿岸部を中心に、暴風警報が発表される地域もあるでしょう。

側溝や雨どいは雨が降る前に掃除をし、水はけを良くしておきましょう。また、自転車などは固定し、植木鉢など飛ばされやすい物は家の中にしまっておくのが安心です。

さらに、今回は大潮の時期と重なるため、台風の接近に伴い、沿岸では潮位が高くなる見込みです。海岸や河口付近の低地では浸水や冠水の恐れがあります。沿岸の地域では、うねりを伴った高波、高潮にも注意・警戒をしてください。